「ほっ」と。キャンペーン

言葉

b0132755_2202217.jpg

私は、
どうして、こんな些細なことを、
こんな一言を
今までずっと覚えているんだろう。
もう、記憶が薄れて思い出せないことなんて、
山ほどあるのに、
どうしてこの言葉なんだろう。

そんなことを思うと、
私の言った、どんな言葉が、
どんな人の心に残るんだろうって考えてしまう。
重いなって、思ってしまう。

言葉には、
支えになる言葉も、
刃になる言葉もある。

一度、音となって相手の耳に届いた言葉は、
もう取り返すことはできないのだから。

自分の歳の半分前後の、
そして、感受性の鋭い中高生と話したりする時なんかは、
特に。
恐いなと思うこともある。
多かれ少なかれ、
その子の将来に影響を与えてしまうんだなって思うと。

台詞を考える時、
言葉 というものの持つ意味、
それによる感情の動きを深く考える。
日常で、
そこまで言葉の意味や感情を考えることが無い、
っていうのは、
逆に、なんだか変な感じがする。
ほんとうは、とっても大切なことなのになって、思う。

[PR]
by artandact | 2009-03-07 22:47 | 舞台