「ほっ」と。キャンペーン

香り

b0132755_0141130.jpgいろんな香りが気になって。

電車で隣に座った人から、
煙草のにおいが漂ってきたり、
香料がぷんぷん香るお菓子を、
隣の人が食べてたり、
疲れている時なんかは、
そんな、自分が欲しない香りが、
どうにもつらくなって、
席を立ってしまったりなんかする。

昔から変わらないなって思う。
昔のタクシーやバスは、
煙草やいろいろな匂いが
とっても強く漂っていて、
長時間乗るのが私はとっても苦痛で。
いつも好みの香りがする石鹸を持って、
車中でその香りを
ずーっとかいでいた記憶がある。

最近、なんかそんな傾向が強くて、
好まない香りを気にしなくて良いように、
自分の好みの香水を手放せない感じ。
あんまり過敏なのも、
面倒くさいって、自分でも思う。

逆に、そんな香水の香りを好ましくないと感じる人も、
周囲にはいるかもしれない、とも思いつつ。。。

香りって難しい。
人によって感じ方が違うことも、
良い匂いと悪い臭いが、じつは紙一重だったりすることも、
気分や体調によって受け止め方が違ったり、
温度や湿度によっても印象が変わったりするってことも。

花粉対策的にマスクで香りをシャットアウトするのもありかと思いきや、
マスク自体のにおいまで気になってきてしまうから、
これはもう、どうしようもなし。

それでもやっぱり、
だからこそ余計に、
香りって魅力的だなって思う。
ある種の魔力だなって思う。

[PR]
by artandact | 2009-04-17 00:12 | 感覚