「ほっ」と。キャンペーン

解釈

b0132755_21135559.jpg


音楽劇『三文オペラ』 演出:宮本亜門
@Bunkamuraシアターコクーン

実は、古典的な演目をあまりじっくり読み解いたことがなくって、、
自分なりの解釈もないまま、観劇。

スイニートッド、トゥーランドットに続き、
宮本亜門さんの舞台。

いたるところ奇抜で、
でもある種とってもストレート。
舞台の使い方もとってもワクワクさせられる。

キャストの三上博史さんは、
テレビでしか見たことが無かったけれど、
映像だけではなく、舞台でも、
強烈に、独特のオーラとエネルギーを発する。

安倍なつみさんは、トゥーランドットに引き続き。
モーニング娘。だった時には、特に興味を持たなかったけれど、
前回よりもさらに、今回の役柄を、
とっても豊かに演じていた。
いろんなステージの経験がどんどん積み重ねられていってるんだなって。

いやー。
舞台って、まだまだ、もっともっと、
こんなのもあんなのも、
表現方法がいくらでも尽きないんだなー。

解釈が追いつかず、公演パンフレットを購入。
また、本の山に埋もれないように、よまなきゃ。
今日は、、、あまりにも眠いので、
断念。

[PR]
by artandact | 2009-04-19 21:58 | 舞台