「ほっ」と。キャンペーン

あれやこれや

b0132755_23485937.jpg
本日は所用につき、会社をおやすみ。
銀行3軒と、
パスポートセンターと、
郵便局と、
そしてシルク・ド・ソレイユ コルテオ と、
NEWS ZERO写真展と、
そして、ミーティング。

平日昼間に街中を歩くことがあまりないので、
週末とは違う空気と、混雑感のなさが良い。

コルテオ』 も。 (*注:リンクのサイト、音が出ます。)
平日昼間に全席が埋まるほどの人が集まってくるんだってことに、
自分の生活スタイルからはちょっとした驚き。

本作は特に、ストーリーそのものから、とっても素敵な夢の世界でした。

不可能って、無いんだって思わされる。
バルーンで、人が宙を飛ぶ?!
綱渡りの綱上でフラフープを回す!?
上方40度に傾斜のあるロープを踏みしめ上っていく!?
命綱なしのシルクのリボンで宙を舞いながら、あんな素敵に歌を歌う?!
そんな凄い技を、地上から、そして宙に浮かびながら、
仲間が暖かく見守っている。
そんな信頼感・絆が感じられる空気がやっぱり素敵だなと思う。

そういえば開幕直後に、出演者の麻薬所持逮捕なんかもあったりして、
中止になってしまった演目もあったようで。
こんな素敵な空間を産み出せる人たちの集団なのに、そういうのってとっても残念。
信頼関係で成り立っている共演者にとっては、
もっともっと残念なことだっただろうと思う。

ZERO写真展
ニュース番組の裏側をかいまみる。
スマートに事実を伝えるその裏側の、
ボリュームと緊張感、
その日その日に産み出されていく番組のライブ感。
メディアが伝えようとしていることを、写真による空気で伝えるこの試み、
とっても良いなって思った。

そんなこんな。

テレビをつけてしまったら、
演出家・蜷川幸雄さんのドキュメンタリーをやってる。。
あー、寝ようと思ったけど、、これは観ないことにはきっと、
あとあと気になってしまうだろう。。

[PR]