「ほっ」と。キャンペーン

癒し

b0132755_0355786.jpg
二胡第2弾!
今日はまた異なる教室にて、
グループレッスンの見学をさせてもらった。
メトロノームを使ってきっちり音階練習からのスタートで、
もちろんそういう基礎的な練習は大切だと思うので、
家での練習法として、これをいただこう!って思ったけど、
やっぱり直感派な私はニュアンス的な部分が気になるので、
楽器の扱い方とか、やや硬めの音色とか(楽器のせいかもしれないけど)、
少々高圧的な口調とかがちょっとひっかかってしまい、
単に音階を弾くでも、昨日の先生の弾き方が心地好かったなと思って。
今回二胡をやってみたいと思ったのも、
癒し系の音に惹かれた部分が大きいので、
レッスンがストレスになるようでは、本末転倒。
ってことで、今日の日本人の先生の方が、弾けるようになるのは早そうだけど、
のびのびとレッスンが楽しめそうというところを優先して、
昨日の中国人の先生に習ってみようと決めた。
のんびり、ぼちぼちとやってみます。

何か動き出すと、
いろんな流れが動き出す。

10年以上前に、不思議なご縁で知り合った友達?に、
共通の知人を介してたまたま会うこうになり。
「友達」にクエスチョンマークなのは、
それ以来、一度も共通項がなくて、
異なる世界を生きていて、
彼女のことをほとんど何も知らないから。
名前を聞いてもピンと来なくて。
でも、確かにその1度話したことも内容も記憶にあって。
うまく文章にできないけど、出会い方も、
またここで再会したこともなんかほんとに不思議なご縁だなーと思って。
きっと、その時も今日も、彼女のオープンなキャラクターのおかげで、
話が弾んだんだなって、なんか納得したりして。


帰りの地下鉄構内で、
見事な千手観音像の写真にしばし、釘付けになった。
アジアが気になっているところへ、
聖地チベット展』 のポスター。
チベットかー。
またまた神々の世界が気になったりもしつつ、、、

のんびりしよーって思うのに、
時間ができると、いろんなものにまた興味が向いてしまって、
ある意味、暇を嫌う‘イマドキ’の人間なんだなって自覚。
自由に生きているようで、
私の生き方は、かなり時代に引っ張られている感じがします。

[PR]
by artandact | 2009-09-14 00:36 | 日常