ステップアップ

b0132755_22345116.jpg
二胡、
『移動ド』なのです。
私の耳はそれなりに、絶対音感を持っているらしく、
‘レ’の音が鳴ってるのに‘ド’って言われると、
かなり混乱してしまって・・・

ピアノや管楽器のように、
決まったところを押さえればその音が出る楽器と違って、
なんの目印も無い棹に張られた2本の弦を押さえて音を取るので、
音程の悪い中途半端な音を出してしまうと気持ち悪くって先に進めなくなってしまって・・・

優しい先生で、
「大丈夫です。」ってすぐ言ってくれる。
「耳がいいですね。音がずれてても分からない人はたいへんです。」って言ってくれる。
音程の悪い音を出すし、すぐに止まるし、、、
素敵な音を奏でる人からしたらかなり不快な音だろうに、、、。

早く、手のポジションを身につけてしまいたい!
練習あるのみ!

先生が見本で弾いてくれる音は、
ほんとうに素敵な音色。
やっぱり、この楽器の音、好きです。

---
2年ぶりに、ピーパーの公演を観る事ができた!
懐かしいメンバーに会えた!
彼らが舞台上にいるだけで、なんかとっても嬉しくって。
ずっとその世界観を保って創り続けていて、
そして、着実に実力を上げている。
やりつづけることってやっぱりすごいなって思う。
そしてやっぱり、私は彼らを応援し続けたいなと思って。
そして、ここまで頑張ってきている彼らが、
ここから先にステップアップするには、はたしてどうすればいいんだろう?
って毎度の事ながら考えてしまった。

最近よくこんなことを書いているけど、
東京には、ほんとに数え切れないほどの舞台公演が毎日のように行われていて、
いかに人の目に止まるか、興味を惹くか、
いかに観に行くという選択肢の中に入ることが出来るか、
まずはそこが大きな関門。
いくらいいものをやっていても、それを知ってもらえないことには観てもらえない。

写真でも同じことがいえて。
写真展もあちこちで開催されているけど、
出展者が、どういう人に観てもらいたいと思っているのか、
どう見せたいと思っているのか、
みせたい人にみせたいことがちゃんと伝わっているのか・・・
創り手にも受け手にも自由があって、
正解が無い世界だけに難しい。

舞台でも写真展でも、いずれにせよ、
私は、人間らしい心の動きが、ぐっと心に響くものが好きだ。

[PR]
by artandact | 2009-10-04 22:36 | 心境