本気

b0132755_025397.jpg
なんかわかんないけど、
たまーに、
舞台でも、映画でも、ライブでも、
「これは絶対観なきゃ!」ってものすごく思うものに遭遇することがあって。

これも。

なのに、
とってもバタバタしていて、すっかり忘れていたのです!!

あ・・・・・・ と 思ったら、
上映期間が延期されてる!!
よかった~!
絶対観なきゃ!って思って、
まだまだやること山積みなのに、
早速仕事帰りにレイトショーに駆け付け。

マイケル・ジャクソン This is it

改めて、世界中に熱狂的なファンがいることに納得する。
どれだけ想いが完璧に打ち出されたステージであったのかということ。

共にステージを創り出す全てのメンバーが、
いかに彼と、彼の生み出す音楽を心から大切に、愛しているかということ。


「本気」の中でも最も強い気持は、
どれだけ「好き」かってことだと、最近頻繁に思う。

先日も、ショップの店員さんと話して(話し込んで。。)たら、
そこの洋服の着こなし方を次から次に楽しそうに話してくれて、
「学生の頃からこのデザイナーさんの服がもう、大好きで。」って。
売るためだけのトークではなくて、
明らかに、それを着ることの素敵さを本当に知っていて、
着る人の目線を通した紹介の根本は、
やっぱりそこかって思って。
好きを貫いて、そのメーカーに勤めてるんだから、
こういうのって本物だなあって思ったところだったし。


そして、「こう表現したい」っていう想いが明確であること。
こういうメッセージを、こういう表現で伝えたいんだっていう想いの強さって、
やっぱり不可欠。

昨日は一日、役者友達と、
先日撮らせてもらった写真を使って、
あーでもない・・・、こーかな?と、ポストカード創り。
いつも表現のことをいっぱい考えている役者さんは、
写真を撮られる時も、撮った写真から何かを創る時も、
自分のメッセージや世界観をとっても大切にしていて、
表現することに本気で、
そういう感覚に、とっても刺激を受けたところだったし。


なんか、そんなこと。
この映画を観て、マイケル・ジャクソンという人の世界に惹き込まれつつ、
表現者ということについて、いろんな想いや感情が駆け巡った。
どうやら、今月27日までのようなので、
私もぎりぎり遅ればせながら観たわけですが、
もし、ご興味あれば、観られると良いかもしれないです。
特にマイケルファンでなくても、何か表現しようとしている人なら、
響くものがあるんじゃないかなと。

観にいけて良かったです。

[PR]