積み重ね

b0132755_2351166.jpg
写真展DMが完成しました!!!
おっと、今日のブログの写真は、
無関係です・・・
HPの告知のページが、
まだ作れていないので、、
もう少々待ってください!!

印刷物が郵便で届いて、
箱を開ける時って、
ドキドキ・ワクワクします。

データに不備がなかったか、
ということもそうだし、
印刷によって、色味がどうなったかな、
ってことも大きい。

良い感じです!!
イメージどおり!!

手に取ってくれる人にも、
気に入っていただけるといいな。

かつて、二人展を開催した時、
DMにもいろんな工夫を凝らした。
その時にも話していたことは、
「飾ってもらえるようなDMにしたいね。」
ってことだった。
当時、私は印刷のデータ作成なんてできるパソコンスキルがなかったので、
全部、相方任せだったのだけど、
今、自分で作れるようになったことにもびっくりする。

「初の個展で。。」
っていう話をしていたら、
「舞台で言ったら、一人芝居みたいな感じ?」
と役者さんに言われて。
確かに、そんな感じ。
私にとっては、写真展も舞台も形は違うけど、やってることはあまり違わない。
かつ、制作、演出、小道具、大道具も自分でやってしまう、みたいな感じ。

今日は、東京都写真美術館で開催中の
躍動するイメージ。
石田尚志とアブストラクト・アニメーションの源流

の学芸員による解説というのに参加したのだけれど、
石田氏のアニメーションが、
絵が出来ていく、変わっていく、生まれていく、
そういった作り出されていく過程が最もワクワクするから、
そこを見せたいという思いから始まった、ということを聞いて、
とっても納得した。
絵でも、舞台でも、写真でも、
生み出された最終形はもちろん素敵だけど、
そこに至る過程は、魅力的な瞬間の積み重ね。
舞台裏を描いた芝居というのもあったりするけど、
その過程こそ面白いっていう気持ち、とってもよくわかる。

たぶん、私は今、その面白い瞬間の真っ只中。
どのような流れでつないでいこうか、
積み上げては崩し、の繰り返し。
裏話をブログに書いてしまいたいような、
やっぱり、見てのお楽しみということで秘密にしておきたいような。。

[PR]