好きを語る

b0132755_0374281.jpg

Gelatin Silver Session 2010 - Save The Film -』
@AXIS Gallery

ずらりと並んだ作品がそれぞれに語りかけてくる。
銀塩写真はあたたかみがあって、血が流れているなーって思う。

あ、先に書いておこう。
デジタルと銀塩。
良し・悪し、善・悪ではなくて、
きっと、好き・嫌い。
もしくは、適・不適。

楽しみにしていたトークセッション。
写真家、笠井爾示さん・宮原夢画さん・森本美絵さん。
そして、雑誌編集長の鈴木文彦さん。

写真に限らず、
何かを表現している人々の思想を聞くのが、
どんな言葉で何を語られるかということに、
とっても興味がある。

会話は終始、言葉を飾り立てた感がまったくなくって、
写真で生きている人たちの素の言葉なんだなと、
まっすぐに届く。

写真はつきつめれば、
最終的には‘生き方の問題’だというお話も出て、
とっても納得。

‘好き’を語る空間っていうのは、やっぱりいい。
これまた温かく、生き生きとした空気の中、
あっという間の2時間。

素敵なお話がたくさん聴けた。
とっても共感できることや。
そういう捉え方もできるんだっていうことや。
そして、トータルしてなんかとっても元気が出た。

[PR]
by artandact | 2010-05-09 00:34 | 写真