「ほっ」と。キャンペーン

理解



b0132755_23555491.jpg


「解離性大動脈瘤」ってのをニュースで解説していて。石原裕次郎さん、、というお名前が出てきたときに、一瞬に記憶がつながった。

突然起こる
ものすごい激痛
ほとんどが緊急手術
手術の危険性も高い
致死率の高い重篤な疾患etc...

もう5年。「大動脈解離という、聞いたことがないかもしれないですが、石原裕次郎さんと同じ病気で・・・」突然に、ほんとうに突然に仲間が亡くなったということに動揺して、その病気がどんな病気なのかということに、まったく意識が及ばなくって、今になってそんな病だったんだってことを知った。そんなにも強烈な痛みを伴うものだったんだってことも。今ごろ知った。つい1週間前まで、いつもどおり元気に笑ってたのに、ほんとうに突然で。でも、そういう突然見舞われる症状だったんだってことも、ようやく理解した。そんな激痛だったんだ・・・って思うと、また悲しくなった。

[PR]
by artandact | 2010-05-13 23:59 | 心境