「ほっ」と。キャンペーン

変遷




b0132755_0313876.jpg




 松坂屋といえば、地元のローカルな百貨店だった。 もうずいぶん前にその店舗は閉店になってしまったんだったように思うけど、それなりに思い出があり、地元を離れてしまって行くことはほとんど無いにしても、馴染みだった場所が変わってしまったのはちょっと残念だった。

 かといって、銀座松坂屋のように、ファストファッションの店舗が入ると全然違う空間になってしまう。 FOREVER 21。 オープンから1ヵ月もたてばもう落ち着いてるだろうと、ちょっと立ち寄ってみた。 

 色彩感覚もBGMも、デパートの他の店舗からそこだけカラーが完全に違う。 デパートと言えば未だに高級感というイメージを持っているので、ちょっと違和感を感じてしまう。 安いです。 学生時代にこんなショップがあったら、もっとおしゃれしてみたりしてたかもしれないなー、と思ったり。 舞台衣装にお手頃だ!って思ったり。 

 で、結局¥250 のタンクトップだけ購入。 夏場何枚あっても困らないしということと、まあ、インナーならいっかと思って。 これだけ同じ商品がハンガーにつられていると、着てたら街中で同じものを着ている人とすれ違ったりしそう・・・って思ったり。 さすがにこの歳で、、、って大人の見栄がちょっと邪魔してしまったり。 夏場なら多少いいかなー。 ま、TPOによるかなとは思うけど、近年やはり、生地のしっかりとした手触りや光沢の良いものとか、良いものを大事に長くというのがいいかなと思っていたりもして。 まあ、不況のご時世、うまく使い分けて取り入れていくと、かなりお財布には優しいです。

-----
鑑賞メモ

『2010年日本写真協会賞受賞作品展』

●東京写真月間2010「森はふるさと」
-生物多様性の恵み-
『樹海』:大山行男
@富士フイルムフォトサロン

富士山。
素敵な表情がたくさんで、
またまた惹きつけられた。
最近、富士山が気になる。

[PR]
by artandact | 2010-05-30 00:31 | 日常