危ない

b0132755_23565920.jpg
 通勤ラッシュ時急ぐ人の話、第2弾。 今朝のは危なかった!! 駅のエスカレーターを私もそこそこ急ぎ足で下っていたのだけど、後ろからすごい足音が近付いて来てるなーと思いきや、突如奇声と共に背後から衝撃が・・・。 一瞬フラッとしてあわやのところで手すりを掴んでなんとか持ちこたえた感じ。 なにしろ通勤時はたいがいお気に入り7cmヒールなので、しばらくバランスが危なっかしかったところをなんとか体勢が落ち着くのを待って後ろを振り返ると、エスカレーター下方へむけて万歳をするような格好で転んでいる人が。 私もとっさに自分の身を守る防衛本能が第一に働いたようで、そして瞬時に、将棋倒しになったら大変!ってことが頭をよぎったりもして、そんな事態になる寸前だったことに、ある種放心状態とでもいうのか、ともかくはちょうどきた電車に乗り込んでようやく一息ついた。 冷静になってから、転んだ人が起き上がるの手助けすべきだったかなぁと思ったんだけど、エスカレーターは変わらず一定の速度で動き続けているし、あの時点ではそんな気持ちのゆとりは全くなく、考えてみたら、ぶつかってごめんなさいと言われても良いくらいのところで。 ・・・痛いなと思ったら、どこかに膝をぶつけてたようで痣ができてることに今頃気付いた。

 ご高齢の方々も、階段は昇りより下りが大変とおっしゃったりするけれど、下りって重力にも引っ張られて、結構危険だと思う。 いやーほんとこわかった。 転んでしまったのは気の毒な気もするけど、そういう危険があることを考慮せずにエスカレーターを暴走していた自業自得っていう気もしなくもない(背後で起こったことなので、どうなって転んだのかは定かではないが)。 それも、いくら急いでいたとしても人を巻き込む可能性がある状況であることへの認識も必要だと思う。 でも、前方にいた二人組が、急ぐ人が歩く右側(関西では左側ですねー。)を塞いでしまっていて、そこから流れが停滞し始めていたのもその人がリズムを崩してしまった一因となったんではないかという気もする。 朝のラッシュ時に道をふさいだりするのやめてほしい、って私もちょっと思ってしまってたんだけど、特に、朝の京葉線は、急いでいる通勤者とディズニーランドに遊びに向かう呑気な人々が混在しているので、そのあたりの温度差がすごくある。 異なった流れが交わる部分は危険をはらんでいるなと常々思う。 テンションは異なっても共通のルールはみんなが守ってくれなくては困るし、互いに周囲への配慮みたいなものも忘れてはいけないところだなと思う。 

 そんなこんなで、今日は朝から恐い思いをした。 やはり、慌てて周囲が見えなくなるのは良くないし、そんな状況に陥らないように、朝の移動はもう少々時間のゆとりを持てるようにしたいものだと改めて思った。 

[PR]
by artandact | 2010-05-31 23:59 | 日常