カルミア

b0132755_23413999.jpg

この春、もっともキュートだと思った花。

カルミア。

アメリカシャクナゲとか、
ハナガサシャクナゲとも呼ばれる、
ツツジ科の花だそうだ。

これまで気になったことが無かったところをみると、
最近、植栽に取り入れられるようになったんだろうか?

5月初旬に初めて見かけて、
そのかわいさに釘づけになり、
その後、ちょくちょく見かけると、
なんかとっても嬉しくなる花。

断然、花が咲きかけの、
つぼみがいっぱいの時がかわいいです!
星みたいな、金平糖みたいな、つぼみがつぶつぶと。
そして、開いた花もパラソル型の丸みがなんともかわいい。
全体的に清楚可憐だけど、ゴージャスな感じで。
宇宙的空間も感じてしまったりして。

わーーーーー!!!って
(この時はコンデジしかもってなかったのだけど。。。)
木のまわりをウロウロ写真を撮ってたら、
通りかかった人が、花の名前を教えてくれた。

そういえば、個展のDMに使った紫色の花。
エリンジウム、または、マツカサアザミ というのだそうだ。
友人が、調べて教えてくれました。

撮ることに夢中になると、花の名には興味が回らないみたいで、、
周囲から教えてもらうことが多いです。

そのマツカサアザミ、
この花もたぶん、
昨年くらいから花壇にみかけるようになったように思うんだけど、
先日、お花屋さんで売られているのを発見!
私の記憶にある花よりちょっと大きかったから、
近縁種かもしれないけど、
花も、どんどん新たな品種が国内に入ってきたりして、
進化(?)していくんだなーって思って。

[PR]
by artandact | 2010-06-30 00:02 | 日常