「ほっ」と。キャンペーン

振り返り





b0132755_028183.jpg




レンズ越しに観るステージは、
どれだけ視野が狭められていたのかということに気付く。
カメラを持たずに客席から観させてもらって。
今日の観劇はそういった意味でも興味深かった。
撮らなくてよいからどっぷりとストーリーに入り込めたけど、
1割ほどは、意図せずとも自分の中で振り返り。

全体像と個々の表情との両方を極力がんばったのだけど、
10名を超える出演者を同時におさえることはさすがに。。
この時こっちではこんな動きがあったのか!
って、ちょっと残念だったところや、
肉眼でもここまで暗ければ、そりゃー写んないわ、、
と納得の照明具合のところや、
よしよし、この瞬間を逃さず撮れてた!
っていうOKな確認とか。

稽古場にお邪魔したり、
通しの動画を何度も見たり、
ゲネ・本番と撮影したりで、
かなりこの舞台の世界観が自分の中に浸透していて。
千秋楽の今日、
最後のカーテンコールで、
最高の笑顔だった彼女たちの気持ちがとっても伝わってきて、
舞台の素敵さにプラスして、なんだかとっても感動した。
この舞台に携わることができたことが、
なんかとっても嬉しいなーって思って。

写真は、もちろんいつか思い出として見るのもいいけど、
まずは鮮度が大事だと私は思っているので、
打ち上げででも見て楽しんでもらえたらと、
なんとか今日に間に合わせてお渡し。
気に入ってもらえれば嬉しい。

撮影のお声掛けいただき、ありがとうございました。
みなさま、お疲れ様でした!!
バラ色の人生を!!

                                        A.K.I

[PR]
by artandact | 2010-08-09 00:26 | 舞台