「ほっ」と。キャンペーン

曖昧

b0132755_23485080.jpg

ドナーカード。
一時期、定期入れに入れて持ってた。
記入はせずに、ただ持ってた。
どこで入手したんだったかは、忘れた。

自分がもし、
動くことも、考えることも、感動することも、できずに、
呼吸をしているだけの生き方しか残されなくなったとするなら、
生を欲している人にバトンタッチした方が良いかなーって、
漠然と思っていて。

確か、カードには、
提供意志のある臓器にチェックを入れるようになっていて、
・・・記入の手が、そこで止まってしまった。

そう書かれてしまうと、迷った。
何だと良くて、何だとダメかっていう判断の仕方がわからなかった。
心臓だけは、なんとなく、、お墓に持っていきたい気がする、
とかそんな感覚的なことしか思い浮かばなかった。
自分の意志が曖昧なことがわかったので、書くのをやめて、
ただ持ってた。

先日、
脳死状態だと聞いていた人が、数週間後に再び、
周囲の声に反応できるようになったっていう話を聴いた。
脳死という判定をすることや、
温かく脈打っている臓器を取り出すことや、
人の生死に携わるお医者さんの心境ってどんななんだろう。

昨日・今日と、
ニュースでかなり取りあげられていたので、
なんかまたすごく考えてしまって。
                                      A.K.I

[PR]
by artandact | 2010-08-11 00:16 | 心境