取材





b0132755_22512234.jpg




仕事で取材を受けた。
写真を撮られる側になるのは久しぶり。

撮られるまでは、
緊張するしどうしようって思っていたけれど、
いざカメラを向けられて、
カメラに対する戸惑いがなくなっていることに気付く。
今までカメラを怖いと思っていたのかというと、
そういうわけでもないんだけど、、、
なんか撮られるとなると変に身構えてしまう部分があった。
それが、そんな必要性を感じなくなったというか、
カメラが未知のものではなく、
親近感をもって向き合えるようになったという感じ。
カメラマンさんの人柄のおかげだったのかもしれないけど。

何事に対しても、
『知る』ということは、
怖くなくなるということ。

もっともっと、
知らないことを、知っていきたいと思う。

[PR]
by artandact | 2010-09-10 23:31 | 感覚