「ほっ」と。キャンペーン

リセット





b0132755_0101410.jpg




2010.Autumn 
Cherry Blossom High School PLAY_⑨
友達が全員死んだ
@中野 ザ・ポケット

タイトルからして、
心がざわっとする。
そういう、綺麗事では済まされない、
人間模様を描き出すこの劇団のカラーは、
いつものごとく、私の好み。
そして、謎が解き明かされていく思わぬストーリー展開に、
いつも感嘆する。

回想シーンへと移行していくその持って行き方が、
なんかマジックみたいで、
今回、そのシーンに向けてエネルギーが集約されていく感じに、
鳥肌が立った。

毎回、一言で感想をと思ってもうまく言い表せなくて、
今回も、ご案内をくれた役者さんに、
結局、終演後「お疲れ様!やっぱりこの劇団のテースト好み。」
としか言えず。。
明日にでもメールで感想を伝えたいと思うけど、
なんだろう、気持ちがいっぱいかき乱される感じで、
決して後味の良い舞台とは言えないんだけど、
満足感がすごくある。
そんな感じ。

明日、もうワンステージあります。
ご興味あれば是非!

そんなざわっとした後に、
友達と久々ご飯。
彼女とは、つくづく、感覚が近い部分があって、
自分を偽る必要がなくって、
(あ、『「人の為」と書いて「偽り」とよむんだねえ』っての、
 昨日ちょうど、観た。。)
すごく楽。
最近特に。

日々生きていく中で、
いつもいつも素の自分では居られない。
警戒したり、飾り立てたり、防御したり、
無意識な部分も含め、誰もがいろいろな顔を持っている。
それは当然のことだとは思うけど、
リセットできる時間は大事だなと思う。

お芝居の中身といい、トークの内容といい、
ちょと語りモードになってしまっている気がするので、
とりあえず、このへんで。。

[PR]
by artandact | 2010-10-11 00:47 | 舞台