「ほっ」と。キャンペーン

モラトリアム

b0132755_23505350.jpg

20歳も先を行ってる人生の先輩が語ると、
なるほど、、って納得したんだけど、

昔流行ったらしい、モラトリアム という言葉。

無計画に、その時その時を一生懸命にやる
というような生き方をずっとしてきたけど、
いい人生を歩んできたなと思えるから、
計画的にやっていくのもいいけど、
出来る時にできることを一生懸命にやっていくというのがいいと思うよ。

っていうような話だった。
お酒が入ってたので、たぶん、そんな話。

辞書的には、
『学生など社会に出て一人前の人間となる事を猶予されている状態を指す。心理学者エリク・H・エリクソンによって心理学に導入された概念で、本来は、大人になるために必要で、社会的にも認められた猶予期間を指す。日本では、小此木啓吾の『モラトリアム人間の時代』(1978年)等の影響で、社会的に認められた期間を徒過したにもかかわらず猶予を求める状態を指して否定的意味で用いられることが多い。』
とのことだけど、
場合によっては肯定的とも捉えようがあるなーと思って。

私の歩んでいる道は、たぶん、その人に近い生き方で、
だから、共感できたんだろうなとも思う。
私がもっと計画的であったら、
きっと今の状況はちょっぴりストレスになっていたりするんだと思う。
思いがけない方向に人生が進んでいっても、
予想以上に柔軟な対応ができてしまう自分にちょっと驚いたりもしつつ。

----
テレビで舞台公演の放送をしている。
劇場への招待 - 劇場中継「ビリーバー」 -
このタイトル、いつだったかチラシを観たことがあったような。。。
ってことで気になって見てみることに。

ストレートのお芝居、しばらく観に行ってない。
テレビだけど、久しぶりの感覚で、
やっぱり、舞台、好きだなーって改めてなんか実感した。
生身の人間が繰り広げる表現。
厳選された言葉で成り立っている台詞。
こういう感情のぶつかりあう空気、やっぱり日常には欠けていて、
欠けている。
こういうエネルギーのほとばしり。

----
もう11月が終わろうとしている。
・・・年賀状の注文、まだやってない。。。
どの写真を使うかということさえ決めてない。。。
年末のスケジュールも決めてない。。。
新幹線のチケット発売は、乗車日の1ヵ月前から。。。

[PR]
by artandact | 2010-11-27 00:39 | 心境