「ほっ」と。キャンペーン

修得

『守・破・離』 という言葉に出会った。
 守:基本の型を学ぶこと。
 破:枠を跳び越えること。
 離:自分なりの流儀を編み出すこと。

茶道から生まれた言葉のようだが、
武道の世界でも使われたり、
万事の修得に通じる道理とされている言葉。
写真でも、スポーツでも、音楽でもそうだなって、
なんだか興味を持った。

こんなふうにも書かれていた。

「型」と聞くと、没個性と思われがちだが、
「型」を使いこなすことによって様々な個性や表現が生まれる。

いきなり、「自分流」を目指してしまいがちだけど、
やっぱりそれは無理がある。
基本をどれだけ自由に操れるか、
それをどのように応用していけるか、
基礎を身に着けるということは、同時に、
そこから先への大きな可能性を秘めるってことなんだなって思った。

b0132755_014563.jpg

[PR]