「ほっ」と。キャンペーン

おだやか

今日は、何事もなかったかのようにおだやか。
昨日は、
こんな嵐の中、無理してまで行く必要があんのかな、
って思いながら仕事に向かった。
5月に台風か。
焦ったって行けないものは行けないんだからって、
こんな時はあきらめることにしている。
いらいらするのって、精神的に良くない。

普段1時間もかからない場所なのに、
電車が不通で大回りし、
同じことを考える人々でごったがえすバス停で、
暴風で傘が裏返ったりしないように警戒しながらバスを待ち続け、
満員で。
いつ来るかもわからない次のバスにお乗りください、
と、列を切らなければならない運転手さんの心境を思ったりもしつつ、
結局2時間かけて到着した。

こういう時の選択は結構迷う。
動ける経路を乗り継いで、2時間かけて行くか。
動かず気長に、不通が解除になるまで待機するか。
最終的に、要する時間は同じ場合もあるけれど、
やっぱり待つより、動いていく方を選んでしまう。

でも、こんな日は不思議。
なんでみんな、苦労話をしたがるんだろう。
なんか誇らしげだったり、
大変大変って言いながら楽しげだったり、
ある種の達成感が生まれるからか、
被害を受けている割には明るい空気が漂う。
非日常ってなんだか心浮き立たせるものがあるんだなって思う。
午後には回復した天気に、なぜかみんな残念そうだった。

そして、今日は何事もなかったかのようにおだやかな日常。

b0132755_23191125.jpg

[PR]
by artandact | 2008-05-21 23:20 | 日常