「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:日常( 227 )

今日は、何事もなかったかのようにおだやか。
昨日は、
こんな嵐の中、無理してまで行く必要があんのかな、
って思いながら仕事に向かった。
5月に台風か。
焦ったって行けないものは行けないんだからって、
こんな時はあきらめることにしている。
いらいらするのって、精神的に良くない。

普段1時間もかからない場所なのに、
電車が不通で大回りし、
同じことを考える人々でごったがえすバス停で、
暴風で傘が裏返ったりしないように警戒しながらバスを待ち続け、
満員で。
いつ来るかもわからない次のバスにお乗りください、
と、列を切らなければならない運転手さんの心境を思ったりもしつつ、
結局2時間かけて到着した。

こういう時の選択は結構迷う。
動ける経路を乗り継いで、2時間かけて行くか。
動かず気長に、不通が解除になるまで待機するか。
最終的に、要する時間は同じ場合もあるけれど、
やっぱり待つより、動いていく方を選んでしまう。

でも、こんな日は不思議。
なんでみんな、苦労話をしたがるんだろう。
なんか誇らしげだったり、
大変大変って言いながら楽しげだったり、
ある種の達成感が生まれるからか、
被害を受けている割には明るい空気が漂う。
非日常ってなんだか心浮き立たせるものがあるんだなって思う。
午後には回復した天気に、なぜかみんな残念そうだった。

そして、今日は何事もなかったかのようにおだやかな日常。

b0132755_23191125.jpg

[PR]
by artandact | 2008-05-21 23:20 | 日常
日も暮れかかった夕方、
視界の端で動くものにふと目をやると、
おー!かわいいコガモ達がいっぱいのカモの親子。
ほんっとに可愛いの。
親に必死でちょこちょこついて行く。
こんなに小さいんだ!!
動きがかなりすばやくて、なんとか一枚パシャ。
再び水に戻りすいすいと泳ぎ去っていった。

昨日は半年ぶりのダンスレッスンでいい汗をかき、
今日は、夢の国で現実逃避。
なかなかストレスフリーな休日を過ごしております。
b0132755_0361514.jpg

[PR]
by artandact | 2008-05-05 00:44 | 日常
わーい、明日から4連休!
って、ちょっと気を許したら、
こんな時間!!

だって、
やるべきこと、
やりたいこと、
がいっぱいある。

気づいたら、
もう5月だった。
4月は何かと盛りだくさんで、
5月のことに頭が回らず、
連休の予定を立てるゆとりがなかった。

何かをしようと思うと、色々準備が必要で、
時間ができたからふらりと地元へ帰ろうかと思っても、
今日の明日では、新幹線も指定席はもう無いだろうし、
自由席に並ぶのも好きじゃない。
無計画にいきあたりばったりってのも時には面白いけど、
どちらかというと、無駄のない計画を練るのが好き。
地元の友達の都合を聞いたりもしてないし、
まあ、たまには、のんびりするか、って思う。

ちょっぴり、いろんなことはそっちのけにして、
好きなことと、好きな仲間と、好きな時間で、
エネルギーを一杯に充電しよう!

なんだか気分が、
のびのびしてきた。
いいな、この感覚。
b0132755_2145313.jpg

[PR]
by artandact | 2008-05-03 02:38 | 日常
4月の記事タイトルは、
漢字2文字で、と決めていた。
統一感を持たせてみようという意図もあったのだけど、
何かルールを作ると、脳がいつもと違う回転を始めて、
細胞が活性化されるような気がして、
なんとなく、自分への課題。

100数十億(だったかな?)あるという脳細胞のうち、
生きているうちに使うのはほんの数割だけだと聞くので、
どうせなら、ほんのささいなことであったとしても、
できるだけたくさん使っておきたいな、なんて思ったりもして。

5月はどうしようかな。

ルールとしては、ほんとうは、
読んでくださる人にわかりやすいよう、
更新曜日も固定できればと思っていたのだけれど、
それはどうやら、なかなか困難で。
不定期で、ごめんなさい。

b0132755_2355729.jpg

[PR]
by artandact | 2008-04-30 23:58 | 日常
不思議だなって思う。
人との接点、縁って。

人と出会うこと。
そこから思いがけない世界が広がりだすこと。
偶然ではなく必然だ、とよく言われるけれど、
やっぱり不思議。

世界中に何十億人もの人がいて、
一生出会わない人がほとんどで。
街ですれ違っただけの人とか、
たまたま同じ電車に乗り合わせた人とか、
それだけでもすごいことかもしれないのに、
一言、言葉を交わす、
それだけの接点を持っただけで、
お互いの人生に、大小関わらず、
何かしらの影響が生まれる。

自分の人生、
どこで、どんな人や出来事と交差していくのか、
まだまだ未知だ。

b0132755_21553077.jpg

[PR]
by artandact | 2008-04-10 01:17 | 日常
『朝日広告賞』の受賞作品が、新聞に掲載されていた。
その審査のコメントに書かれていたセンテンスが、
なんだかとっても気になった。
以下一部抜粋・要約。

その一つが、
『何かにビックリしたい。
 でも、何かにホっとしたい。
      という時代の気分。』
という一文。
なにかと不安定で、曖昧な時代だから、
刺激もほしい反面、
安心とか、確信とか、
そういうものが求められているんだなと納得。

それから、
『大人の渋さや哀愁ではなく、
チャーミング性(大人の可愛げ)を表現。』
この言葉もなんだか気になった。
大人が大人ぶっていることに疲れちゃってるのかも、
なんて思ったりもして。。。

そして、
『基本に素直だからこそ、気持ちよく跳躍できているものを、
                       世の中は歓迎している。』
これ。
先日聞いた、
『当たり前のことをどれだけ心をこめてやっているかということに人は感動する。』
という話と通じるところがあって、
今の時代のキーなんだなって思って。

当たり前のことっておろそかになりがちで。
当たり前と思ってしまっているからこそ注意が十分に向けられなくて、
当たり前がきちっとなされてることに気づくと、すがすがしい気分がする。

当たり前、日常、って実際はどういうことなんだろう、
って最近、よく考える。
b0132755_1292486.jpg

【Photo】
人間は、我が物顔で当たり前のように行き交っているけど、
ハトはハトで、別次元で当たり前の世界が存在するように思われ。
でも、実際は同一の空間に共存していて、
ちょっぴり視点を変えると、‘当たり前’ってなんだろう、って思う。
それぞれの社会・環境におけるルール、
常識って呼ばれる部分かな、きっと。

[PR]
by artandact | 2008-04-07 23:43 | 日常
今日は、友人の結婚式だった。
大学時代のテニス仲間。
卒業後、一足違いに東京に来て、
しばらくは連絡を取り合っていたけれど、
お互いに忙しく人生歩んでいて、転職やら引越しやら、
いつの間にか年賀状が「宛て先不明」で戻ってきてしまうようになって。
今日、5年ぶりくらいに再会した。
晴れの舞台で。

彼女の笑顔は相変わらず華やかで。
充実した人生を歩んできたんだなーってことが一目で分かった。

その人の生き様って、
表情に刻まれていくものだ。

おめでとう!
末永くお幸せに!
b0132755_22315235.jpg

[PR]
by artandact | 2008-04-05 23:33 | 日常