カテゴリ:心境( 168 )





b0132755_194313.jpg




細かいものごとをいっぱいこなした。
チリも積もれば山となる、的に、
ひとつひとつはささいなことだけど、
全体が一様に前進した感じがあって、
それなりに達成感。

[PR]
by artandact | 2010-11-29 01:11 | 心境
b0132755_23505350.jpg

20歳も先を行ってる人生の先輩が語ると、
なるほど、、って納得したんだけど、

昔流行ったらしい、モラトリアム という言葉。

無計画に、その時その時を一生懸命にやる
というような生き方をずっとしてきたけど、
いい人生を歩んできたなと思えるから、
計画的にやっていくのもいいけど、
出来る時にできることを一生懸命にやっていくというのがいいと思うよ。

っていうような話だった。
お酒が入ってたので、たぶん、そんな話。

辞書的には、
『学生など社会に出て一人前の人間となる事を猶予されている状態を指す。心理学者エリク・H・エリクソンによって心理学に導入された概念で、本来は、大人になるために必要で、社会的にも認められた猶予期間を指す。日本では、小此木啓吾の『モラトリアム人間の時代』(1978年)等の影響で、社会的に認められた期間を徒過したにもかかわらず猶予を求める状態を指して否定的意味で用いられることが多い。』
とのことだけど、
場合によっては肯定的とも捉えようがあるなーと思って。

私の歩んでいる道は、たぶん、その人に近い生き方で、
だから、共感できたんだろうなとも思う。
私がもっと計画的であったら、
きっと今の状況はちょっぴりストレスになっていたりするんだと思う。
思いがけない方向に人生が進んでいっても、
予想以上に柔軟な対応ができてしまう自分にちょっと驚いたりもしつつ。

----
テレビで舞台公演の放送をしている。
劇場への招待 - 劇場中継「ビリーバー」 -
このタイトル、いつだったかチラシを観たことがあったような。。。
ってことで気になって見てみることに。

ストレートのお芝居、しばらく観に行ってない。
テレビだけど、久しぶりの感覚で、
やっぱり、舞台、好きだなーって改めてなんか実感した。
生身の人間が繰り広げる表現。
厳選された言葉で成り立っている台詞。
こういう感情のぶつかりあう空気、やっぱり日常には欠けていて、
欠けている。
こういうエネルギーのほとばしり。

----
もう11月が終わろうとしている。
・・・年賀状の注文、まだやってない。。。
どの写真を使うかということさえ決めてない。。。
年末のスケジュールも決めてない。。。
新幹線のチケット発売は、乗車日の1ヵ月前から。。。

[PR]
by artandact | 2010-11-27 00:39 | 心境




b0132755_041433.jpg





最近ちょっぴり、
いろんなことから、
とっても自由です。

ストレス減。
のびのびしてる。

でもちょっぴり、
自由な時ほど、
ちゃんと自分を持っていないといけないなって思ったりもして。

[PR]
by artandact | 2010-11-26 00:05 | 心境




b0132755_20382812.jpg




今まさにおこっていることは何なのか

ということを

タイムリーに把握することは非常に難しい。

振り返ってみて
全体を見渡してみて
そういうことだったのかと理解するけど、

それでは遅いんだなーって思う。

[PR]
by artandact | 2010-11-10 20:39 | 心境




b0132755_041110.jpg




新しいことを学ぶのは楽しい。

まったく見通しのたたない空間に放り出されて
途方にくれていたのが、
少しずつ、
霧が晴れてくるみたいに
段々といろんなつながりがみえてくきて、
自分が思わず笑顔になってて、おかしい。

そして、
やっぱり、
楽しい。

[PR]
by artandact | 2010-11-06 00:05 | 心境




b0132755_151561.jpg




昨日初中国語レッスンでした。

まずは、ピンインと呼ばれる発音について。
日本語に無い音に慣れるのは、
時間がかかりそうだけど、
ここ1,2ヵ月、
いろんな中国語の本をなんとなく眺めていたのが、
ちょっと、立体感を持ったような感じがしました。

休み明けには英語です。

この半期は語学最注力予定。

もともと語学には興味がなくはないけど、
使う必要がなければ、モチベーション保てず。
10年近く英語の勉強もしなかったので、
ブランクを埋めるのはなかなか大変かも。

とりあえず、
必要に迫られている状況なので、
やります!

[PR]
by artandact | 2010-11-03 01:52 | 心境
b0132755_23534766.jpg

自分の立ち位置が変わると、
周りの風景が変わる。

今までその中にいたから気付かなかったこと、
今までそこしか見ていなかったから気付かなかったこと。

慣れるということは、
飽きるということと似ている。

新鮮なことは、
不安なこととも似ている。

どちらに進むのがよいのか、
何を積み上げていけばいいのか、
どのピースがそのパズルにはまるのか、
まだよくわからない。

一つずつ、はまるか試してみるか、
まず角のピースを探すか、
・・・“パズル” って考えると、
やり方を考えていけそうで、
やれそうな気がしてきた、今!

そして、
私自身が、全体の絵の中の、
どのピースなのかってことも、
考えてみようと思う。

全体像を考えるって大事。

[PR]
by artandact | 2010-10-13 23:54 | 心境
b0132755_23495037.jpg

まる投げ、
ってこんな感じ。

何が問題なのかも見えないほど、
どこが先端なのかもわからない、
もつれた毛糸玉みたい。

どの糸をひっぱっても、
するりと抜ける気配が無い。

どこからほどいていけばいいのか。

何色の糸がからまっているのか、
まずはその仕分けから。

[PR]
by artandact | 2010-10-12 23:50 | 心境




b0132755_2117442.jpg




いろんなことを取捨選択して、
ちょっとずつ、
やることを減らしていっているはずだったのに、
気付いたら、
あいたスペースに他のことがすぐ舞いこんできて、
また満杯。

一度つくられたキャパの箱は、
どうやら空白のままにはできないらしい。
となると、
キャパを増やすしかないんだなー。
もしくは、もっと効率アップ。

[PR]
by artandact | 2010-10-11 23:59 | 心境
b0132755_23412178.jpg

自分がその船から降りたとたん、
周囲の流れが急に速くなったように感じられる。

その船のオールを、
どれだけ必死に漕いでいたのかということに気付く。

流れにおいていかれないように、
方向性を見失わないように、
ただただそれだけを考えていた。

流れの真っただ中にある中州のような感じ。
ぽっかりとそこだけ、停止している。
もしくは、取り残された三日月湖。

そこから眺めてみると、
よくこんな早い流れについていってたものだと、
我ながら感心。

荒波の中、とある方向に特化して、とっても鋭く、
神経が研ぎ澄まされていた。

そのスイッチを切ってしまうと、
ぱったりと静寂が訪れる。

意識を集中させないと、
これほどキャッチしないものかということにも驚き。

少し静けさを吸いこんだら、
今度は、
また違った音に、耳を澄ませてみよう。

[PR]
by artandact | 2010-10-05 23:41 | 心境