「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

b0132755_1521729.jpg
知っているか、いないか。
それは、ちょっとしたことのようで、
大きな違いだ。

昨日の演奏も、
もちろん、聴いていて、
すごい!!ってのは感じるわけだけど、
その奏法を修得していることがすごい!とか、
そういった専門的な見方はできないわけで。
それを知っていたら、もっと違う角度からすごさが実感できたんだろうなーって。

-----
美術手帖 11月号』 面白いです!
一気に読破。
蜷川実花さんの特集だったから買ったんだけど、
もちろん気になる蜷川幸雄さんの一面もまた知れてしまったりもして、
興味深い記事だった。
素敵な生き方をされているなーって思って。

その他、横浜トリエンナーレ開催中ということもあって、
現代アートに触れた記事も多く、
独特なようで、普遍的でもある、
でも誰もが気づくわけではない感覚を持ったアーティストさんが、
たくさんいるなーって、興味がわく。
内藤礼さんという作家さんの感覚がかなりヒット。
自身の存在を問うような感覚、結構共感してしまうのです。
この人と作品について、調べてみよー。

[PR]
b0132755_0415354.jpg

音楽に浸るって、やっぱりいいなー、疲れが飛ぶ!
今回は、ボーカルなしのインストライブで、
ちょっぴりメンバーが変わったけど、
1年以上ぶりに演奏を聴いて、
顔を見た瞬間よりも、演奏してる姿を見ると、
なんか、懐かしいなって気分になった。

Joey Natroi with super trio
 ジョーイ Guitar / サトコ Keyboard / 学 Bass / カズー Drum

正直なところ・・・
スムースジャズっていうジャンルをちゃんと理解できてないんだけど(ごめんね。。。)、
オリジナル曲を主体とする演奏は、
演奏者から音とリズムがあふれ出てくるみたいで、
メンバーの間に漂ってるテレパシーみたいなものも、
やっぱりすごいなーって思いながら、
素敵な瞬間を逃さないようにカメラを構える。

レンズを変えたので、
わかってたことだけど、
重くて。。
でも、この重量感とか、手触りの違いとか、
さまざまな変化がまたワクワク感につながったりもして、
なかなか楽しく撮れた。

今日は、スタートから快く始まった。
それは、出演者のちょっとした気遣い。
自分の本番前だからいろいろ慌しかったりもするのに、
やっぱりそういうところまで気を回せるってとこもプロだなって思う。

そして、終わりも。
ライブハウスのオーナーさんが、これまたとってもあたたかな人物で、
毎日アップされているライブレポートに写真を提供、、、
って、その場で700枚もある中から、この時間からセレクトは、、、。
よって、がっさりコピーでお預け、セレクトもお任せ、
組み写真にするとの事で、切り貼りOKということで託し、帰宅。

今見たら、もうアップされてる。
まだ私も全部チェックできてないのに~。早!
クレジットはA.K.Iで、と言ったのにな、、ま、いっか。
そんなこんなで、自分のセレクトとは異なりますが、
一日限り(後半のJoey Natori~のみ)、
ライブハウスのトップページに写真掲載中~。
welcom back!!

[PR]
b0132755_2318079.jpg
一生懸命文章を書いていたのに、
消えた。
いろいろ並行してやっていたら、
キー一つ押し間違えた。
かなりいっぱい、
がんばって書いてたのに~。
っとも思ったけど、
だんだんとダークな方向へ、
どんどん深みにはまりかけていたので、
これはきっと、
リセットしろってことなんだな、とも思えた。
ま、いいや。
違う視点で書き直そう。

大昔から、
人は文字を使って、
何かを残していこうと試みている。
文字を考えた人って凄いなって思う。



古代文字、サンスクリット。
まーったく解読不可能だけど、
いったいこの石に何が刻まれてるんだろうかと、
とっても興味惹かれる。
いろんな文字、いろんな言語、
どれもこれも興味深い。

[PR]
by artandact | 2008-10-28 23:34 | 日常
b0132755_0371910.jpg
この先、
きっとまったく違った方向へと進んでいくんだろうけれど、
ここで、一時でも、
同じ場所で、同じ時間を過ごしたという事実。
こうやって、さまざまな別々の人生が交差していって、
色とりどりで美しい、
巨大な織物が仕上がっていくのだなと思う。

[PR]
by artandact | 2008-10-27 00:39 | 日常
b0132755_0482936.jpg

2009年のスケジュール帳を買った。
来年の話を書き込んでいっても、
いまいちぴんとこないけど、
何事も、
ちゃんと先を見越した準備が必要だから。
あー、果てしないなー、って思う。
いっぽいっぽ地道にいこう。

[PR]
by artandact | 2008-10-26 00:58 | 日常
b0132755_046968.jpg

とっさに、
メールを打っていた手をとめて、
またまた携帯カメラで撮っちゃったよ。

赤いレインコート。
その赤の色味がまた、
強すぎず弱すぎず、
足首まで広い面積をしめているのに、
嫌味じゃなくて。

そして、白髪の頭は(こんな書き方しつれいでしょうか?)、
編んだ髪をすごく綺麗にまとめられていて、
とっても素敵だったのです。

なんかすがすがしくて、
うわ、かっこいい。
って思って。

こういう空気感を醸し出せるって、いいなぁ。

[PR]
by artandact | 2008-10-25 00:54 | 日常

b0132755_0442513.jpg

夜、
走っている電車がカーブして、
その場所からだけ見える曲線。
光の交差する具合なんかも絶妙で、
都市構造物の美しさを感じたりもする。

夜はいい。
いろんなあだや汚れを隠して、
魅惑的な美しさへと変身させる。

陽の光のすがすがしさも
いいけれど、
見えない輝きが見えてくる
夜もまたいい。

[PR]
by artandact | 2008-10-24 00:47 | 日常
b0132755_058867.jpg

またまた。
気づいたら、観たい舞台の初日が近づいていた~。
チケット取ってない~!!!
まだ取れるのか??

ダブルキャストだったりすると、
ほんとに迷う。
各々のキャストの組み合わせで、何通りも違った舞台になる。
ぴったり、観たい役者さん勢揃いの回ってのもなかなかなかったり。

観たい役者さんが出演されてるものなら、選びやすいけど、
あまり知らない(不勉強ですみません。。)お名前が並んでいると、
観てみないとなんともいえないので、
あっちも、こっちも見てみたくなる。

うーむ。
困りました。

けどまあ、選ぶ余地もないかもしれないので、
まずは、残席があるのかチェックだ!!


デジカメの充電器が行方不明。
最後に使ったのは、何の時だっけ。。。
その時々、いろんなかばんで持ち運ぶので、
よくわからなくなってしまう。
探さねば。

[PR]
b0132755_2353350.jpg

『プロフェッショナル 仕事の流儀』
このテレビ番組は、時間があえば、見たいなと思う番組。
輝いている人たちの言葉って納得できるものがやはり多く、
そして、いろんな気づきを与えてくれる。

―アイデアは、
 情報から隔てられれば隔てられるほど
                浮かんでくるものだ。―

情報が多いと、
それを処理するのに脳が使われてしまい、
新たな発想が生まれにくいのだそうだ。

そうかー。
たくさんの情報に触れて、
引き出しを増やさなくては、とも思うけど、
得た情報を、さらに自分で咀嚼していくことがやっぱり大事だな。

独自の世界を展開している人には、
一人の時間を大事にする人が多いのもそういうところなのかな。

そして。
行き詰ったら 寝る のがよいそうだ。
どうしても解けなかった問題の答えが、
朝起きたらひらめいてることってあるもんね。

今日は、
寝るとするか。

[PR]
by artandact | 2008-10-22 00:15 | 日常
b0132755_061159.jpg
今日は仕事を大急ぎで終わらせ、
なかなかの疲労感だったけれど、
これまた大慌てで、
沙和実ちゃんのライブを聴きに、
吉祥寺まで~。Star Pain's Cafe

オリジナル曲での初ライブだということ、
そして、きっと、
ハードワークであると思われる中、
夜中に送ってきてくれたメールに、
必ず行かなきゃ、と思って。

彼女の力強い歌声、
私はやっぱり好きだな。
オリジナル曲だけあって、
音楽にも歌詞にも、
100%投入されている想いが、
とっても伝わってきて。


彼女の感情の起伏に共鳴するに従って、
自分の中にあったいろいろなモヤモヤも打ち消されていった。

MC含め、彼女は観客をひきつけ巻き込むのが、とてもうまい。
歌はもちろん、パフォーマンスとして、
とことんこだわりを持って、自分の世界感を確立させているところがすごい。
見習いたいところです。
またまた、パワーをもらいました。

[PR]