「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

b0132755_1214731.jpg
今日の、この寒さ!
窓の外を見るゆとりすらなかったので、
雪、鑑賞できず・・・

休日出勤になるとこだった・・・!!
セーフ!

[PR]
by artandact | 2009-02-28 01:22 | 日常
b0132755_115434.jpg


いやー、重なる時は、重なります。

泣きっ面にハチ?
ってほどでもないけど。

明日は、早朝に起きられるか??

[PR]
by artandact | 2009-02-27 01:18 | 日常
b0132755_141252.jpg
つい、感情的になってしまうから。

すごいなって思う。
いつも冷静に対応しているその人を見ると。

見習わなきゃと思うけど、
・・・難しい。

[PR]
by artandact | 2009-02-26 01:04 | 心境
b0132755_120615.jpg
A.K.Iにお願いしたい!
って言ってもらえると、嬉しい。

舞台のちらし用写真・デザインのご依頼!
いつの間に、、デザインまでくっついてくるようになったのか・・・
そこはまったくプロじゃないし、できることしかできないけど、
必要に迫られ、ゼロからイチくらいには進化したから、自分でもびっくりする。
まあ、頂点はジュウとすると、全然だけど。

昨年末に撮らせてもらった別件も、チラシが完成したらしい。
満足げなご連絡をうけて、ほっとした。
見るのが楽しみ!

写真×舞台
この関係、かなり、好きです。

ともかくは、3月16日用の、画像その他もろもろ、
いやー、やること山積み!
仕事と割り切らなきゃな、、って部分もあったりもして。

-----
今日も変わらず、いつものパン屋へ行った。
毎日豊富な種類のパンたちが一杯並んでいるのに、
今日は棚ががらんとしていて、、

「いやぁ~、、パンを焼く人が寝坊しちゃって・・・
すみません。」

きっと、昨日から調子がよくなかったんだと思う。
酵母のせいではなかったな、きっと。
明日は、大丈夫かな。

[PR]
by artandact | 2009-02-25 00:20 | 心境
b0132755_0585071.jpg
明日もがんばります!

---
いつものパン屋で、
お気に入りのパンを買ったのに、
今日はちょっと食感がいまいちだった。
雨だったし寒かったし、
湿度や温度の具合で、酵母の活性具合が微妙だったのかな。
毎日パンを焼いてる職人さんでも、そんなこともあるんだなー。

[PR]
by artandact | 2009-02-24 00:59 | 日常
b0132755_0194699.jpg
がんばります!


昨日購入したCD
『Le BEST Of CIRQUE DU SOLEIL』
空気を別物に変えてくれて、心がなめらかになる感じがします。

[PR]
by artandact | 2009-02-23 00:19 | 日常
b0132755_23345813.jpg
時間も、予算もきついなーと思い、、
つい、
造花に走ってしまおうか
と思ってしまった。
パット見ほんとにうまくできてるの。
でも…
やっぱり死んでる。
いくら巧妙に造られていても
本物の花が持つ潤い感は再現できない。
やっぱり、嫌いだ、造花。
気の迷いを反省ー。


いやー、煮詰まった時には、
アウトプットをやめてインプットをせねば、ということで、
ようやく、観に行きました。

Cirque du Soleil  『ZED(ゼッド)
@シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京

舞浜に専用の劇場が出来たのは昨年の10月。
ずっと気になってはいて、ようやく。

シルクドソレイユの公演は、2年前に『DRALION』を観て以来。
サーカス、なんだけど、昔観た(と思う)木下大サーカスとかいったものとは、
趣が全く違う。

(これから観に行く予定の方、少々内容を明かしてしまう文章になるかもしれません。念のため。)

会場に足を踏みいれたとたん包みこまれる青い光。
布がするすると生き物のように動き現れた世界が予想以上に壮大で、
オープニングから鳥肌が立った。
この大きなドームを覆う布ってどんなサイズなんだろう。。。なんてことも考えながら、
水中を舞うきらびやかな金魚のごとく空中を人が舞う。

バンジージャンプを何度も何度も繰り返し続けるようなパフォーマンス。
命綱なしで、天井から降ろされる布を自らに巻き付けただけで宙を舞うパフォーマンス。
魅力的なクラウンも登場し、ストーリーが展開する。
衣装や舞台装置や旗など、素敵な色合いの布が効果的に使われていて、
布のひらひらって人の心を高揚させる効果があるな、って思った。

衣装も音楽もアジアを思わせるものもあったり多国籍な感じ。
後ろで奏でられている楽器にはシタールのようなものも見える。
生の演奏が、シーンをさらに盛り上げる。

頭上はるか上のロープを歩く綱渡り。
ステップを踏んだり、後ろむきに歩いてみたり、はたまた縄跳びやバクテンをしちゃったり、
観ているこっちがひやっとする。
空中ブランコも、よくもあんなにタイミングを合わせられるものだ。

彼等には地上と空中の境などないかのようだ。
重力の影響すらも受けない自由さ。
それは、人並みはずれた鍛錬と緊張感と、
プレッシャーに押しつぶされない強さと、冷静さのなせる業。

どこをとっても、ありえない!って思うシーンばかりで、
いつ拍手を送ってよいのやら。
キャストが勢揃いしたエンディングなんて、どこを観ていたらよいものやら、
ものすごく贅沢なひと時だった。

コルテオ』 も観にいけるとよいなと。
いつまでだろ?チケットってまだ入手可能なのか?

ユニクロも、気合入ってますねー。
シルクとのコラボだって。
UNIQLO MEETS CORTEO
こんなに見せちゃっていいんだろうか!

来月は、これまたサーカス
ジンガロ
を観に行きます!楽しみ。

さて、アウトプットなお仕事に戻ります。

[PR]
b0132755_212428.jpg
私の持論としては、
裏方は裏方に徹するのが良い、
と思っています。

小劇団などでは、
人手が足りなくてそうも言っていられない、
っていうのがもちろんあるし、
交代で持ち回るってのが、
それも含めて劇団なんだっていう思いもあるけど。

演出兼役者なんていうのは、
未だに、どちらかにすればいいのにって見ていて思ってしまう。
自分のイメージを具現化したい性分なのだろうから、
両方!ってなっちゃうのもわからなくもないけど。
そして、まあそれをこなせてしまうキャパの広い多才な人がいるのも事実だけど。

・・・要するに。
私にはそんなキャパは無いなーと思うわけです。
一つに熱中すると、他方に手がどうにも回せなくなってしまって。
ショートしそうです。
ただのわがままか。。
いやはや、
難しいです・・・。

-----
話変わって、『日本アカデミーショー』の発表で、
最優秀助演女優賞に、 余 貴美子 さんが選ばれていました!
私は、この方に、
こんな役柄を演じられるんだ~!ってものすごく惹きつけられたことがあり、
やはり、皆が認める演技力の持ち主なんだなと再確認。
いやー、この人の独特の空気感、近くで感じてみたいものです。
『おくりびと』
テーマがあまりに重そうで、見ずに終わっていたけれど、
かなりの賞を総なめにしていたので、興味上昇です。
みてみようかな。

[PR]
by artandact | 2009-02-21 00:45 | 心境

b0132755_11647.jpg
何がストレスって、、、
次々と話が2転3転して、
これまでの苦労が水の泡になってしまうこと。

話が進化的に変化するのなら良いけれど、
また一に戻って、
違う方向に進めっていうのは、、
これまでの時間を返せー!って思ってしまう。

初めにもうちょっと考えてから、
スタートしようよ~。

どのカテゴリーの仕事にしても、
これだけは、共通してストレスを感じてしまう。

やってみないとわからないっていう部分も、
もちろんあるだろうけど、、
根本から覆すのは不審感が芽生えてしまうし、、
芯だけは貫いてもらいたいものです。

[PR]
by artandact | 2009-02-20 00:10 | 心境
b0132755_12186.jpg

人の持つ空気感って、
どこから生まれるんだろう。

やっぱり 目 かな。
瞳のキラキラ感とか、
眼差しの強さとか、
瞬きのスピードとか。

声のトーン、
呼吸のリズム、
間の取りかた、
話すテンポ感。

うーん、
この人の明るい空気感は、
いったいどこから発せられているんだろう?
って、話しをしていて思った。
こういう空気感を持ちたいなって思った。

[PR]
by artandact | 2009-02-19 00:50 | 感覚