「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

b0132755_1205476.jpg

来年度のスケジュールを、とカレンダーをめくっていたら、
今年のゴールデンウィークってかなり良い感じに長めの連休~。
ってことに、今頃気づいた。
そして、9月もなんだか良い感じに。
なんか、計画立てなきゃなーって思う反面、
こういう時期って、旅行代金も高くなっちゃうし、
どこにいっても混むし、、って現実的思考回路になってしまったりもして。
まずは、やろうと思っているのにできてないことを、ピックアップしてみよう。

---------
第1幕・第7場:故郷
「長崎っぽい感じ。
蝶々婦人のイメージなのよね。
小高い丘から、グラバー邸とか、
海の向こうから来る船が見える感じ。。」
えーっと、、、
これ、トルコ、ですけどいいですか?

[PR]
by artandact | 2009-03-31 00:07 | 日常
b0132755_122873.jpg

b0132755_1301194.jpg
b0132755_1312021.jpg

つみきのいえ La maison en petits cubes

ようやく、DVDを観ました。
併せて、絵本も。

穏やかなあたたかな気持ちになりました。
ひとって、
たくさんの人とのつながりとか、
いろんなできごとの積み重ね。

大切なことをゆっくり思い出す。
そんな時間も大切だなって思って。


先日観た写真展
『やなぎみわ マイ・グランドマザーズ』
@東京都写真美術館

どのおばあさんも、とっても素敵で。
50年後、自分がどんなおばあさんになっているかなって考えると、
ちょっと、楽しみになった。

どんなおばあさんになりたいか。
どうだろうな。
今のところ、
素敵な時間をいっぱい、積み重ねていきたいなっていうことだけ。

---------
第1幕・第6場:キャバレー
お札を並べて写真を撮るって、
なーんか少々後ろめたい気分になるのは何故だろう?
そこに惹かれて集まってくる蝶とか。
普段撮らない類の写真。



[PR]
by artandact | 2009-03-29 23:56 | 日常
b0132755_1334590.jpg
1年間って、長いようで短いようで。
写真が楽しいんだっていうこと、それを伝えたかった。
それが伝わったんだって思えて、嬉しかった。
きっと気持ちのこもった素敵な写真展になるだろうと楽しみ。

PHaT PHOTO 写真教室 8Fクラス グループ展『ハチイロ
【会期】4月17日(金) 13:00~19:00
     4月18日(土)&4月19日(日) 11:00~19:00
【会場】ギャラリー・ルデコ 2F

お時間ありましたら!


気持ちのこもったものって、
とっても嬉しい。
みんなの想いがこもった写真とメッセージ。
そして、ナナイロの花束。とっても素敵。
明日ちゃんとフィルムで撮ります!
b0132755_111813.jpg
b0132755_1111130.jpg


--------
第1幕・第6場:キャバレー
なかなかイメージに合うシャンデリアに出会わなくて・・・。
ようやく見つけた!

[PR]
by artandact | 2009-03-29 00:35 | 写真
b0132755_13452100.jpg
突然大きな仕事がめぐってきたら、
きっと
「やります!」
って、
即答はできないんではないかと思う。

ビビってしまうだろうって思う。
私にそんなことができるのだろうか、
相手の期待に応えられるかどうか、
自分の力を出し切れるかどうか。。。
不安がよぎると思われる。

どこまで自分を信じられるか、
過信ではなく。

そして、自信の源になる実力を、
コツコツと身につけていっていなければと思う。


--------
第1幕・第5場:オフィス
赤い糸を信じている夢見心地なオトメの気持ち。
うちにあった、赤い紐でイメージを持っていったら、
「毛糸」の感じなんだよねー、、と言われ。。。

[PR]
by artandact | 2009-03-27 23:56 | 心境
b0132755_136230.jpg
b0132755_1364683.jpg

今日は、なんて寒いんでしょ!
真冬に逆戻り。
そろそろ温かくなってきたし、
花 いっぱい撮るぞ! と思っているところなんですが・・・

寒さを忘れるべく、
ようやく、旅行記、復活しました。

いやー、こんな素敵な写真があったんじゃん!
なーんて、我ながら。
でも、実は、
正直なところ、場所に‘撮らされた’感が強いです。
素敵な場所だったのです。
ベンメリア というカンボジアの密林遺跡。

写真セレクトしてるだけで、
マイナスイオンを感じてちょっと元気になりました。
どうぞ、癒されてください。
ART and ACT 旅写真ブログ

--------------------
第1幕・第5場:オフィス
公演のシーンから、いきなりそこがオフィスであるということが、わかるように、、
ということで、やや説明的ですが。
仕事そっちのけで、合コン命のOLがいたり・・・

そう、ここで登場したのが、先日ちょっとお話にだした、小道具!
これ、手作りなんですよ。信じられない!
客席からはこの凄さ、わかんなかったかもしれないな~。。。
写真を撮りそびれました!とお伝えしたら、写メを送ってくださいました!
b0132755_0135621.jpg
b0132755_014108.jpg


                                           (photo by K.Fukui)

今回の公演1回だけしか出番がないなんて、もったいないです!

[PR]
by artandact | 2009-03-27 00:15 | 日常
b0132755_1372064.jpg
「この数年を乗り切れば。」

そんな言葉を数年置きに聞く気がするなー。

結局、頑張り続けないといけないんだなってこと。

よし!がんばろ!って思うときと、
もうやってらんないって思うときと。。

-------------
第1幕・第4場:街角
ステージを夢見る少女の描く夢の世界のイメージ

[PR]
by artandact | 2009-03-25 23:07 | 日常
b0132755_1382100.jpg

いろんなチャンスを、機会を、ありがとう!

彼女は、女優さんで、
今の私は、一緒に舞台上で世界を創り上げていくことはできないけど、
写真という表現で、共にワールドを構築していけるということが、
なんとも嬉しいなと思う。

彼女の熱意に応えたいなって思う。
表向きのフィールドは違っても、
同じ空気の中にいるなーっていう感じが心地よい。

近い波長があるんだと思う。
彼女が私の写真を気に入ってくれたことから、
またひとつ、世界が広がった。
やれるとこまでやります!
無理なもんは無理だけどね。。

いつのまにか、
写真⇒写真・映像⇒宣伝美術 と書かれ方が変化していることに、
少々戸惑いを感じるけど、
自分のキャパを広げるありがたいチャンスでもあり。
がんばろ!

あ、、
詳細は、、、また後日。

-------------------
第1幕・第3場
枯れた花だけど、まだ生命力を湛えている感じ。
ミューズによって、もう一度立ち上がろうとするメンバーの、
心象イメージとして。

[PR]
b0132755_1404532.jpg
ちょっぴり、ゆとりができたかも。
こうなって、振り返ると、
今月は、ほんと切羽詰ってたなって思って。

いやー。
まあ、なんとかなるもんだ。
けど、
やっぱりゆとりって必要だって思う。

旅行記も1ヶ月以上放置してた~。
今年度中に終わる予定だったのにな、、
まあ、次の予定もまだないし、ぼちぼちと。

ふぅ。
旅行に行きたい。

そういえば、
パスポート、今年6月くらいで期限切れだったような。。
定額給付金の書類なんかも届いてたけど、、
こういう書類・手続き関係は、苦手~。

------
第1幕・第3場:音楽の女神・ミューズ登場!
光の感じ。って言われて、、、
照明でもそんな効果って出せるし、、うーむ。って思いつつ、、
照明さんともっと内容を練ることができたら、もっと面白いことができたのかもしれないな。
今後の課題としよう。

[PR]
by artandact | 2009-03-23 23:34 | 日常
b0132755_1402443.jpg

アコーディオンって、
なんてドラマチックな音色なんだろうって思った。

舞台芸術集団 地下空港 番外実験公演
ストラップ・オン・ザ・サードクライシス』 @恵比寿site

今日観た一つめの舞台は
会場も地下で、タイトルどおり実験的で、まさにアングラって感じ。
ご案内をくれた‘momo椿’ の彼は、過去共演者で、
役者かと思いきやライブで弦楽器を掻き鳴らし、
朗読劇に出たかと思えば、今度はアコーディオンときた。
どの公演もかなり異色な興味深い志向のものが多く、
とっても多才でこれからのご活躍がとっても楽しみなアーティスト。

恵比寿だしということで、続いては、
気になってた繰上和美氏監督、宮沢りえさん、長瀬正敏さん出演の映画
ゼラチンシルバーLOVE』を観に。

いやーなんですか、この暴風は。
ビル風で余計に、なのか、
ほんとに、歩けないくらいの向かい風。
メリーポピンズ並に飛べるんではないかと傘を広げたくなったくらい。
本気で飛ばされかねない、サバイバルな歩行にて都写美に到着。

写真と映像。
写真家の視点とライティングだなって思ったりもし、
でも、写真ではなく映像にした意味を考える。

次の観劇までの時間、
会期が今日までだったAPA受賞作品展を観る。
『第37回社団法人日本広告写真家協会公募展 APAアワード2009

広告写真。
伝えたいこと・伝えるべきこと。
写真が与えるイメージ。
写真×キャッチコピーの相乗効果。

外に出ると今度は大雨。
ちらしの写真を撮らせていただいた
"創造集団"生活向上委員会 第19回公演
立ち呑みパラダイス あの世からの使者はイタイ姉ちゃん~1973年 大阪~』
を観劇。
タイトルからしてそのまんま、バリバリ大阪ノリの芝居。
私は好きだけど、
西に馴染みの無い人が観たら、どんなふうに受け止めるんだろう?ってことが興味。
こればっかりは自分が感じ得ない感覚だもんなぁ。
人との繋がりをテーマに体当たりな、パワフルな芝居。
観ていて気分がすっきりした。

b0132755_2316544.jpg
b0132755_2317661.jpg

チラシは、写真を使っていただき、デザイナーさんの手により、⇒
この劇団のいつものテイストで、こんな感じになりました。
楽しげな集合写真に見えていつつ、
こじんまりした某立ち飲み屋にて、
全員がうまいバランスで入るよう撮るのはなかなか苦心しました。

何にしろ盛りだくさんな休日だった~。
明日からの仕事は、4月に向けての引き継ぎ含めやや気が重いけど、
方々からいっぱいエネルギーもらったし、
がんばりますかー!!


-------
第1幕・第3場:再び稽古場
がっくりと気を落とし元気をなくなったメンバーの心象イメージとして。

[PR]
b0132755_1412327.jpg
昨日は久々、日記を書かずに
帰宅後、あまりの疲労にばたんと眠ってしまいました。
久しぶりに、良く寝たー。
睡眠は必要だったんだと思う。
けど、ここのところのリズムがそれにより崩れてしまったみたいで・・・
今日は、一日エンジンがかからない感じだった。


b0132755_0263831.jpg
あ、昨日の写真集、
とっても喜んでもらえました!

←プレゼントした、
写真集と、CD。




いろんなアートの融合って、
おもしろい試みだなって思うけど、
うまく融合させることって難しいなって思う。

まず一つは、
表現したいワールドがちゃんと一致、
もしくは、相乗効果を生み出せるかどうかということ。
もう一つは、
お客さんが、別方向からのアプローチをうまく結びつけて捉えることができるような、
見せ方になっているかどうかということ。

先日の公演でも、
感覚のすりあわせをした上で、違和感のない写真を用意したとこまではよかったけど、
照明と映像の光がバッティングすることなど設置における問題点がいろいろとあって、
最終的には、上手花道の上にスクリーンを立てて映写ということになった。
自分の目で全体を確認することが出来なかったので、感想を求めたところ、
舞台上のお芝居と映像を交互にみるような形になってしまったので、
映像が背景にきてるとよかったのになっていうコメントもいただいて、
一体感を出すためにもう一工夫しないといけなかったなーと、今後の課題。

昨日観たステージ、
騎馬スペクタクル『Zingaro ジンガロ / BATTUTA バトゥータ』
@木場公園内ジンガロ特設シアター

こちらは、センターの円形スペースで繰り広げられるショーと、
その直径上左右に向かい合う形で舞台を盛り上げる、
弦楽の楽団と、管楽器の楽団との2本立てだったが、
ちゃんとステージと一体感があるところがすごい。

ショー自体の説明を求められると、これまた難しくて、、
素敵な馬が素敵に走ってましたっていうのが主なところ?
いろんな技があまりにも普通のことのように行われるから、
ただ呆然と見てしまい、ふと、我に帰る。
え!いやいや、普通じゃないでしょ!!
馬、すごいスピードで走ってるし!!
その走ってる馬の上で、だよ?!
動いている馬の上で、体操の種目が行われているかのような感じ、といったらよいのか、、
幻想的な照明具合も効果的で、
これまでに観たことの無い類のショーだった。

b0132755_026239.jpg
b0132755_026591.jpg

開演前・後のテントの写真。
わくわくする空間です。

はたまた今日は、
先日のぴゅうぱ公演に参加いただいた、
パーカッショニスト 田中まさよし さんにご案内いただいた舞台を観劇。
TWIN-BEATプロデュース公演『アロマ
@東京芸術劇場・小ホール2

バンドの演奏がどんな感じに入ってくるのかなと思いきや、
ストーリー上、ストリートミュージシャン的な位置づけで、
ストーリーに絡めて演奏が入った。
なるほど、、と思った反面、
芝居のワールドに対して、バンドの空気が現実感が強い感じもし、
こういう組み合わせも面白い試みではあるけれど、難しいんだなって思った。

うむ。
今日は、舞台のちらしの打ち合わせなんかもして、
一つの公演にいろんな人がからむ舞台、
複数の表現者が集結する舞台、
各々のカラーも生かしつつ、
うまく一体感の感じられるものに、仕上げられるといいなと思った。


----
第1幕・第2場:突然・・・
海の事故で命を落とした‘先生’に捧げる。
実際に、舞台共演者に過去捧げた花の写真です。
この写真を使うことは、私にとっては大きな意味あることでした。

[PR]