<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0132755_17573132.jpg
昨日は…
無理でした。。
やらなければならなかったことを終えると、
もう余力なし~~という感じで。
何気に、毎日ブログ更新出来ていたのに、
ついに挫折。。
やや悔しい(笑)。

さて昨日は、
やや朦朧としつつも、
来週の撮影会の下見。
新宿御苑には、
お気に入りの大きな木があって、
その木はじめ、
雨上がりのマイナスイオンを
たっぷり浴びると、
ちょっと生き返りました。


で、観劇。
ミュージカル『ザナドゥ
何の予習もなく行ってしまったのだけど、
ストーリーはいたってシンプル。
でも、芸達者なキャストのコミカルさなどにより、
まったく単調にもならず、
そして歌が、なんとも表情豊かで素敵だった。

で、今日は
劇団東少ファミリーミュージカル『白雪姫
子供向けの舞台で、
逆にこうやってわかりやすく見せるのって難しいだろうなって思った。

で、、、
それ以外はずーっとパソコンとにらめっこ。
印刷に出すデータ一つ作るのも、素人にはなかなかハードルが高くて。
デザイナー/イラストレーターのお友達にSOSを出し、
彼女も専門はWEBでありつつも、助けてくれました。
ありがたし!
次回に向けて、お勉強しないといけません。

ふー。
無事印刷に入れますように!

打ち合わせの予定が一件キャンセルになったのでちょっと仮眠取ります。
寝過ごさないようにせねば。。

[PR]
b0132755_3465863.jpg

もうちょっと、
自由になろうって
思って。

そのためにはまず、
自由になれる時間・環境の確保。

限られた時間の中で、
取捨選択の必要があって。
一旦お休みにしようって思ったり、
あーでもこのままおしまいに
なってしまうかもっ
ていう恐さもあったり。

でもやっぱり、
無理はよくない。


がんばれる無理は良い結果を生むけど、
違和感を感じながらのほんとの無理は、
余計なブレーキをかけながら
進んでいるイメージ。
エネルギーに欠けるし、
どんどん擦り減っていってしまう感じがする。
無理してるって自覚してる時点でダメなんだって思う。

自覚してる。
わかってるのに、
どうして
気づいてないふりを続けてきたんだろう。

[PR]
by artandact | 2009-05-30 00:28 | 心境
b0132755_145077.jpg

始めると止まらないタチなので、
今日は早く寝ようと思ったのに、止まらない。。

フライヤー・パンフレットの制作をすることになってから、
未知分野のデザインの本なんかをあれこれ読んでいて、
これまでやりたくてできなかったことが解明したり、
そんなことができるんだ!ってある種感動があったり、
自分で限界を決めてしまわずに、やってみることにしてよかったって思う。
そして、
そんな機会を与えてもらったことに感謝!って思う。

デザインって、、
複雑そうに見えて、実は、
四角形をうまく重ねたり変形したりして、
その組み合わせだけでできているものも、
よく見ると意外と多いということがわかって、
びっくりした。

そのものの特徴を的確に捉え、簡単な形に置き換えられるか。
逆に既存のものをどう活用してその形に持っていくか。
そういうイメージ力なんだなーって思ったり。

いやー、楽しいです!

[PR]
b0132755_045418.jpg

一方的に話されてもなー。。。
会話ってキャッチボールだよーって思う。

そして、そういう人に限って、
話が要領を得ない。

相手のことを考えてないんだなって思う。

自分にゆとりのない時って、
そうなってしまうよな、ってことはわからなくはない。
自分もそういうことあるなって反省もしつつ、

人の時間、大事にしようよって思う。

ふー。
本日ちょっと辛口。

[PR]
by artandact | 2009-05-28 00:03 | 心境
b0132755_1172492.jpg

効率が良い
っていうのは、
結局なんなだろうな。

目先だけを捉えている場合、
瞬間すばやく見えて、
長い目で見ると、
最終的には非効率だったりする。

先を見越してじっくりやるべきところと、
素早く終わらせてしまうべきところと。
結局は、
その判断ができるかできないか
ということ。

[PR]
by artandact | 2009-05-27 01:23 | 日常
b0132755_2132173.jpg
資料作成用に、
これまで撮らせてもらった舞台の写真をピックアップしていて、
どのストーリーにおいても、特に、
登場人物が息を引き取ってしまうシーンは、
照明がものすごく美しい。

淡い光に包まれていたり、
暗い中に浮かび上がるようだったり、
天に召されて行くような一筋の光だったり。
この光だけでも心打たれる。

日常ではありえないことなのに、
人々の想いを見える形にしたらこうなんだろうなって思える。

[PR]
by artandact | 2009-05-25 21:34 | 舞台
b0132755_20445078.jpg
舞台チラシの製作やりとりをしていて、
スタッフ欄 「殺陣、殺陣助手」 っていう記述をすべきところ、
なんと、
「‘殺人助手’ になってる~!!」って連絡が入った。。
そりゃーいけません!!
漢字を訓読みすると、確かに「さつじん」と読めますが、
(実際には‘たて’です。要は、チャンバラです。)

今月頭に、演劇集団キャラメルボックスの『容疑者Xの献身』を観劇してから、
東野圭吾さんのガリレオシリーズをまたまた読んでいたので、
無意識のうちに、‘殺人’と書いてしまったか??と思いもしたのだけど、
パソコンで‘さつじん’と入力変換したところで、‘殺陣’という変換はされてこないので、
きっと大元原稿がどこかで間違っていたのでしょう。
いただいた情報を写し違えると恐いと思い、
すべて元文面のコピー・ペーストで作成しているので。
レイアウトしか頭になくって、文面細かく見てなかったな。。
気づいていただけ良かった。
完成までもう一歩です!

にしても、ガリレオシリーズ。
『探偵ガリレオ』 『予知夢』 と短編集なのだけど、
短編の数だけ、ストーリー上、人が死んでしまうわけです。
真犯人に至るまでのストーリー展開は、よくこんな手法を思いつくなー、って
とっても面白いのだけど、
本とか映画とか、、ストーリーに入り込みやすい私としては、
(そこがきっと、役者をやっていた所以でしょう。)
読み進めるほど、殺人事件が次々起こっている感が浸透してきて、
どうやら、精神的にはちょっぴり悪影響な気がします。
何もないのに、なんとなく憂鬱感や、不調な感じがするのは、
このせいかもって、先日思いあたったのですが。
警察官の友達から、そういう現場は、ほんとにひどいって話を、
過去聞いたことを思い出してしまったりなんかもして。。

次は、人の死なない明るいストーリーのものを読もうと思います。

[PR]
by artandact | 2009-05-24 20:45 | 舞台

b0132755_184260.jpg

棘を持ってる植物って、
案外多い。

自己防衛。

棘を持っていないように見せないといけない人間は、大変。

みんな隠し持ってるんだって思っていれば、案外気楽。

[PR]
by artandact | 2009-05-24 00:23 | 日常
b0132755_2565944.jpg

ちょっとした一言で、気持ちが浮き沈みしてしまう。

ふと、
何もかも面倒だ
って思ってしまったりもする。

でも、意外と、
時間にゆとりができてくると、
何の問題もなく進めてしまう。

無理せずいこうって思う。

[PR]
by artandact | 2009-05-23 00:56 | 心境
b0132755_222250100.jpg
自然には、
どうして、
こんなにも多様な色彩が
存在しうるのだろう。

なんか、嬉しくなってしまう。

色はこうやって、
写真に再生できる。

音も録音して再生できる。

香りは、、、
残せない。
揮発するからこそ香るのであって、
だからこそ留めることが出来ず、
消え去ってしまう。


配合処方を文字で残す
ってことは可能だけど。。

見かけたイベント
海のエジプト展
詳細は未確認だが、
タイトルからして気になる。

クレオパトラが愛用した香りの展示
なんかもあるらしい。

昔の香りをどう再現したんだろう?
っていうことも興味深いけど、
いったいどんな香りだったんだろう?
っていうことにもっと興味。
是非体感しに行きたいなって思う。

[PR]