「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ダンス ( 6 ) タグの人気記事





b0132755_2345265.jpg




高校野球も終わって。
特に鑑賞していたわけでもないけど、
たまたまそんな話になって、

球場には魔物がいる。
:::
接戦の時とか観客席の空気がおかしいことになる。

とかいう話になって。
あ、そうなんだ。
魔物って実は観客なんだなーって思った。

数えきれないほどの視線が降り注ぐグラウンドに立つって、
ものすごい緊張感なんだと思うんだけど、
客席の興奮とか落胆とか歓喜とか、そういうのって全部、
空気の振動となって伝わってくるだろうから、
それは精神面に大きな影響を与えることになるだろう。

同じように、
劇場にも、何かが棲みついているというようなことをよく言うけど、
結局それも、実は観客そのものなんだろうなって思えた。

観客の反応。そこから生まれてくる空気。
それが、稽古場で創り上げたさまざまなバランスを
揺るがしてしまう可能性。

そういうものに影響されない域に達しているパフォーマーは、
どんなテンションの観客をも感動に導くことができるのだろうけど、
訓練でどうにかなるものなんだろうか。

精神力。

先日、NYで活躍する日本人ダンサーTAKAHIRO氏が番組で、
「経過は己がために
   結果は他がために」
と話されたのがとっても印象的で。
そういう心の持ち方だったり、
多くの人を惹きつけ感動を呼び起こすことのできる人々は、
やはり何かゆるがない強い信念を持ってつきすすんでいる。

何かもうちょっと、
ゆるがない強さを持てればいいのにって思う。
                                      A.K.I

[PR]
by artandact | 2010-08-23 23:58 | 心境




b0132755_2382169.jpg




ベリーダンスを観るのは、トルコ旅行以来。

軽やかな腰の動きと共に鈴のように鳴る、
ヒップスカートのコインが触れ合う音と、
指の先までとても美しいしなやかな動きに合わせて響く、
フィンガーシンバルという小さな楽器の不思議な音色と、
私の知っているジャンル枠におさまらない音楽と共に、
異国の空気に包み込まれる。
楽器生演奏とダンスのコラボ。

彼女の周りにはいつも華やいだ空気が漂う。
そして温かくやわらかな温度を感じる。
「おばあちゃんになっても踊り続けるから!」って言葉がまた素敵で。
観ていて気持ちの良いキラキラ感。
またいつかステージを観られる機会が楽しみ。

続いて登場したバンドは、
ドラマーが女性で、
力強くてゆるがない感じがなんだかとっても素敵。
ドラマー。。

打楽器に最近興味があって。
最近、でもないか。
ずっと興味があるけど自らチャレンジするには至っていなくて。
ようやく、来週、2年間観劇チャンスを逃し続けていた、
ドラムストラック』にいよいよ行きます!
変わらず人気なようで、土日のチケットはSOLD OUT。
思い切って平日のチケットを買ってしまったので、
絶対に仕事を終わらせて行きます!!

舞台鑑賞熱が上昇していて、、
ミュージカル『インザハイツ』のチケットも買ってしまった~・・・

何かこう、
熱くなれるものが欠如しているんでしょうかね・・・
                                     A.K.I

[PR]
by artandact | 2010-08-16 00:05 | 舞台
b0132755_0111650.jpg
アフリカン・ダンスに初チャレンジ!
楽しかった!!
インストラクションの仕方に起因すると思うけど、
ちょっとしたミュージカルのような気分。

種まき、水やり、収穫。
豊作への感謝。
草原に吹く風・・・。
そんなことが動きになったダンス。

いろんな情景がイメージできた。

ほんとうに、アフリカの大地を踏みしめて、
大自然の中で踊ったら、
気持ちいいんだろうなーって思った。

見せるダンスという感じじゃなく、
湧きあがってくる鼓動という感じのダンス。

難しいことを考えずに、
気持ちものびやかになった。

[PR]
by artandact | 2010-04-18 00:06 | 感覚
b0132755_22443799.jpg

先週に続き、
昨日は、ダンスのレッスンに行ったので、
いやー、筋肉痛です。
こんなとこにも筋肉ってあったんだ・・・
って懐かしい感じ。
翌日に症状が現れたことにちょっと安堵(笑)。

かつては、いくつか掛け持ちで参加してたのに、
先週は、レッスン前半で、すっかり疲れきってしまい、
昨日は、やや持ち直した感じもしたけど、
ほんとに、運動不足すぎて、
我ながら危険な気がします。

週末はほぼ、
大荷物を持ち、かなり歩き回るので、
若干トレーニングになってるような気もするけれど、
やっぱり、全身を動かさないとなーって思います。
それも楽しみながら。

ってことで、
好きなダンスなら、気分的には無理なく足が向かうので、
極力時間を作って、
週1回のペースを維持したいものです。
あっ、・・・早速今週末は無理なので、、
せめて、2週に1回でも。。

[PR]
by artandact | 2009-04-27 22:56 | 日常
b0132755_031820.jpg

久しぶりに、ミュージカルを観劇。

エリザベート』@帝国劇場
エリザベート(オーストリア皇后):朝海ひかる
トート(死の帝王):武田 真治
フランツ・ヨーゼフ(オーストリア皇帝):石川 禅
マックス(エリザベートの父親):村井 国夫
ルイジ・ルキーニ(皇后暗殺者):髙嶋 政宏
他。

このミュージカルに関して、あまり情報を持たずに観たので、
あれこれ語れることは何もないのだけど、
素直に感想。
照明が、とっても美しかった!
そして、ダンスがすごくカッコよかった。
明るいストーリーではないけど、そこが、人間らしさがあって好み。

黄泉の国が出てくるストーリーということもあり、
全体的に鮮やかな明るさはなく、
ちょっと青紫色な感じなんだけど、その色が、とっても神秘的な素敵な色だった。
そして、その黄泉の国のダンサーさん達のダンスが・・・
むかーし、宝塚の振り付けをされている伊賀裕子先生のレッスンを受けていたのだけど、
身のこなしというか、手先の表現というか、流れとか、そういうカッコよさが、
伊賀先生の振りをとっても思い出させて、
なんかものすごく懐かしい気持ちになった。
あの頃、先生のカッコいい振り付けを全然踊りこなせなかったな~、なんてことも含め。。
この公演の振り付け師の一人、麻咲梨乃さんも宝塚の人だった。
宝塚自体も、私はあまりよく知らないのだけど、、
宝塚出身の役者さんの‘華’って、他ではないものがある。
最初に思ったのは、何の舞台だったか、
大地真央さんの美しさと存在感にびっくりしたことを覚えている。
だいたい、あんな豪勢なドレスを、違和感なく着こなせるって、
ちょっとやそっとでできるようになるものでもないもんなって思う。

あー、そう。
それから、子役の男の子がとっても上手だった。
子役って、かわいいだけで、全部もっていっちゃうところがなきにしも、、って時もあるけど、
それだけじゃなく、ほんとに素直に心を乗せた素敵な歌声だなって思って。
小さいときからこんなキャストにまじって、こんなにも多くの観客を前に、
物怖じせずに堂々と演じられるって、、、どうなってんだろ、って思う。

何役か、ダブルキャストだったので、
機会があれば、異なるキャスト版も観てみたいなと思った。

誰のものでもない自分の人生を、
自由に歩み続けようとするエリザベートの姿や、
トート、ヨーゼフの想い。
芯の強さを感じさせる女性像は、切なくもあり、いさぎよいです。

[PR]
by artandact | 2008-11-17 00:29 | 舞台
b0132755_19503919.jpg

ほんとは、JAZZかHIPHOPが良いんだけど、
スケジュールの合う時間帯にやっているから、
という理由により、
今日もHOUSEのレッスンへ。
HOUSEのリズムにもちょっと慣れてきた。

このあいだ、半年ぶりに踊った時には、
あまりに体が動かなくて、どうしようか、、って思っちゃったけど、
そこからまたまた2週間ぶりだったにせよ、
日々の筋トレを再開したこともあってか、
(来年、ちょっぴり舞台復帰予定もあって!)
今日はなかなか体が軽く良い感じ。
音にぴたっとのれると、とっても楽しい。

やっぱりダンス、好きだなーって思う。
同じ体を動かす、でも、
エアロビは、好きじゃなくて。
音・リズム・間・流れ・形、、、
感情や空間を感じる感覚、、、
そういうのがダンスの楽しいところかなって思う。

[PR]