「ほっ」と。キャンペーン




b0132755_0352536.jpg




本日は、西荻窪~。
吉祥寺とか、阿佐ヶ谷とか、中野とか、
こっちの方に来る時はほぼ、舞台を観に。
そんなことでもないと、
これらの駅に降りることも無いなー、
って思いながら、知らない街を歩く。
ちょっとワクワクして、この探検感覚が好き。

K-BOX company vol.2
『ミス・ダンデライオン』

遊空間がざびぃ

初日18日の2日前に、
菜穂江ちゃんから電話をもらって、、
「会場にお花の写真を飾らせてもらいたいんだ!」って。
明日しかないやんー!!って、
なんとかこれまでにプリントしたものをがっさりかき集め、
気に入ったものだけ良いように飾って!!って渡したのが、一日前。

会場に到着してみると、劇場へとつながる階段に、
一面に花の写真が飾られてて。
こういうところに展示をしようとか、
彼女のアイデアは、あたしのアイデア範囲をいつも超える。
大事に飾ってもらっていて、とっても嬉しかった。

彼女はひらめくとすぐに行動を起こすから、
今回も、これと思ったら、
本番の数日前であろうが、取りに行くから!って連絡。
そんな無茶な・・・って、
彼女からのご要望には正直毎度ちょっと動揺するけど(笑)、
彼女の懸命さにいつもやられてしまって、
なんとかご協力を、となってしまう。
そして、彼女はその対応を決して無駄にしない形で返してくれて、
がっかりさせられることが無い。
今回もそう。

そして、今日もまた、
会場スタッフに数年ぶりの懐かしいメンバーの顔があった!
ほんとに、懐かしい再会が続く。
なんだろう、、
忘れてしまってる何かを思い出させようという、
神様の策略か??とか思ってしまったりする。
確かに、それぞれと共に過ごした時間なんかが、
いっぱい脳裏に蘇ってきて、
最近かなり脳が活性化しているような感じがする。

動き出している変化に伴い、
何かが付随してたくさん動いているなーって思う。
温故知新、、って言葉が当てはまるような違うような、
渦に飲み込まれないように、
感傷にひたりすぎないように、
これまでを振り返ってみたりもしつつ、
そしてやっぱり、新たなステージに前進していかなきゃなって思う。
行動していかなくちゃなって思う。

[PR]
by artandact | 2010-09-20 01:19 | 心境




b0132755_23472063.jpg




今日はライブ撮影でした~。
企画・出演の宮原さんと知り合ったのは、
彼女が過去、
ピープル・パープルの舞台制作に入っていたからで、
ご縁って面白いなと。

と思っているところへ、
ライブを聴きに来たお客様の一人が、
なんと、数年ぶりに偶然の再会!!
出演者TaROさんがご友人とのことで。。

なんか、ここ数日、
久しぶりな人との接触が多い。
なんだろうね。
そういう巡り合わせ時期なのかな。
こんなにもいろんなところに知り合い居たんやぁ、、
って、思ってしまうぐらい(笑)。

いやー、
イベント、ステージ系の撮影ご依頼が続くと、
体力が持ちません。。
とりあえず、右手がもう力が入らなくて、
ニ胡の練習が・・・
そして、背筋がどうにも、、
撮ってる間ずっと変に力を入れてしまってると思われ、
座っているのもだるいくらい。。。

今日はもう寝ます。

[PR]
by artandact | 2010-09-19 00:06 | 写真
b0132755_1351691.jpg

きっともう、
ほんとうに大丈夫なのかどうなのか、
強がりなのか本心なのか、
わからなくなってるんだよね。

あまりにも似てて、
だから、
ちょっとでも、
張り詰めてる気持ちを、
ふっと緩められたらいいのにって思った。

一瞬でも緩むと、
止められなくなってしまうんじゃないかって、
そんな不安がよぎって、
がんばり続けちゃうんだよね、きっと。

でも、だいじょうぶ。
一旦ゆるめてスペースができたら、
自然とそこに何かがまた流れ込んでくるものだから。

いつも100%でいられる人なんて、
いない。
ときにはどこかで、ちょっと息抜きして、
もう一度周りを眺めてみたら、
違った景色が見えてくる。

そしたら、再び、
歩き出そうって、思えるって。

[PR]
by artandact | 2010-09-18 00:34 | 心境
b0132755_0443085.jpg

だいぶんと涼しくなったということもあって、
久々に湯船にお湯を張って、ゆったりとバスタイム。
お湯にゆらゆらとたゆたってる感じがなんとも心地よくて、
気付いたら、思った以上に時間が経ってた。

トータル4時間、
息と神経をはりつめてカメラを握り続けてたら、
全身どっと疲れた~。

ピーパーのメンバーの笑顔に再会したのがとっても久しぶりで、
なんか、とっても嬉しさが込み上げてきて、
気合い入りすぎました(笑)。

この劇団の舞台を初めて撮らせてもらったのは、
振り返ってみると2005年の東京公演。
そこから、7公演目くらいになるのかなー。
あれこれいろいろあったけど、やっぱりこの劇団、
この役者さん達、この劇団の舞台、私は好きだ。

そして、なんと、
劇団旗揚げから10周年なんですって!!
おめでとう!!
劇団が10年も続くって、ほんとに凄いことだと思うんです。
私が知る限り、集結・解散を繰り返しているケースがほとんどで、
10年って。
簡単にできることでは無い。

そして、そして、製作された、50ページフルカラーの
10TH ANNIVERSARY BOOK』 なるものに、
これまで撮らせてもらった舞台写真を、
どどーんと掲載いただきました!
懐かしいー。って思ったり、
撮ったものをこうやって、
大切な思い出として使ってもらえたことに感動したり、
なんかもう、テンションがあがりっぱなしの一日でした。

PEOPLE PURPLE 『The old CLOCK』
19日(日) まで。
会場へ足をお運びの皆さま、
是非、10TH ANNIVERSARY BOOK 、
手に取ってご覧いただきたいです。
写真だけではなく、役者さんのコメントその他、
盛りだくさんで、
10年続けてきた劇団ならではの、読み応えのある一冊です。

次は20周年目指して、
さらに素敵な舞台を創り続けていってほしいなと思います。

[PR]
by artandact | 2010-09-17 00:44 | 舞台




b0132755_23462036.jpg




本気で考えてないなってことが見えてしまう。
他人事だと思ってるって空気が漂ってる。
当事者になってみないと親身に考えない。
考えることができない。

自分の立場からだけみていては、
きっと、ほんとうに必要なものに気付けない。
視点に真剣さが足りなくて、気付かない。

で、いざ、
自分がその立場になってしまったら、
焦って意見を言い始める。
・・・・。

たぶん自分も、
当事者の立場になりきれてないことって、
たくさんあるんだろうなって、
ちょっとわが身も反省。

[PR]
by artandact | 2010-09-16 00:16 | 日常




b0132755_23423997.jpg




今朝も早朝に、ふと目が覚めてしまった。

窓辺の青いカーテンがほんのり赤く見える。
わっ、もしや!

カーテンを少しめくって外を見てみると、
またまたなんとも綺麗な色の空!!
これは写真を撮らねば!
と思った瞬間頭が冴えわたるところが我ながらすごいと思う。
普段はあまり寝起きが良くないのに。

時計を見ると、ちょうど朝5時になろうというところ。
先週末も5時にふと目が覚めて、
光具合いが、一言で言うならゴールドで。
雲の具合いがとってもゴージャスな空を見ることができた。
(その日の写真もまたそのうちにアップしよう。)

偶然早朝に目が覚めた日ばかりが、
たまたまこんな素敵な空だったのなら、ほんとラッキー。

それとも、
空の赤さを察知して目覚める能力が、
知らないうちに磨かれたのだとしたら、それもラッキー!

ではなくて、
最近の朝が毎日こんなに素敵な色で彩られているのだとしたら、
知らずに寝ているのはなんとももったいないことだ。

どうなんだろう?

かといって、
確かめるために毎朝5時起きする気は、無い。

また偶然目が覚める日を楽しみにしよう。
                                      A.K.I

[PR]
by artandact | 2010-08-12 23:49 | 日常




b0132755_07447.jpg




ブルーの色がとっても綺麗な、
お気に入りのグラスに、
なぜか・・・
間違って・・・
野菜ジュースを注いでしまったら、、
不味そうな色になってしまった。。

ソーダ水を飲もうと思って、
冷蔵庫を開けた瞬間に、
目に入った野菜ジュースを手に取ってしまって、、、。

やはり、

初心は貫かねば、ダメです。。。
                                      A.K.I

[PR]
by artandact | 2010-08-12 00:13 | 心境
b0132755_23485080.jpg

ドナーカード。
一時期、定期入れに入れて持ってた。
記入はせずに、ただ持ってた。
どこで入手したんだったかは、忘れた。

自分がもし、
動くことも、考えることも、感動することも、できずに、
呼吸をしているだけの生き方しか残されなくなったとするなら、
生を欲している人にバトンタッチした方が良いかなーって、
漠然と思っていて。

確か、カードには、
提供意志のある臓器にチェックを入れるようになっていて、
・・・記入の手が、そこで止まってしまった。

そう書かれてしまうと、迷った。
何だと良くて、何だとダメかっていう判断の仕方がわからなかった。
心臓だけは、なんとなく、、お墓に持っていきたい気がする、
とかそんな感覚的なことしか思い浮かばなかった。
自分の意志が曖昧なことがわかったので、書くのをやめて、
ただ持ってた。

先日、
脳死状態だと聞いていた人が、数週間後に再び、
周囲の声に反応できるようになったっていう話を聴いた。
脳死という判定をすることや、
温かく脈打っている臓器を取り出すことや、
人の生死に携わるお医者さんの心境ってどんななんだろう。

昨日・今日と、
ニュースでかなり取りあげられていたので、
なんかまたすごく考えてしまって。
                                      A.K.I

[PR]
by artandact | 2010-08-11 00:16 | 心境



b0132755_082480.jpg



今日は少々テンションあがりきらず。

「あなた会社勤めなんて向かないでしょう?!」

って先日ぽろっと言われたひとことを、
なんか真剣に考えてしまったりする。

会社勤めしてるのは、
向く、向かないってことではなくて、
自分で起業したいっていう熱意とか、勇気とかが無いから。

そんな勇気がないからには、
会社勤めが向かないなんてことを言える立場ではないでしょう、
って思う。

同世代で、代表取締役 なんて人とか、
凄いなーって思う。
親の会社を継いだっていうケースもあるかもしれないけど、
にしても、
いろんな責任や決断や、社員の生活基盤を背負うって、
覚悟が無いとできないよなって思う。

いろんなことに飛び込んでいく方ではあるけれど、
性格的には相変わらず、石橋を叩いて渡る感じで、
そんなだいそれたことは結局できない。しない。
思い切りが足りないというか・・・
                                      A.K.I

[PR]
by artandact | 2010-08-10 00:07 | 心境




b0132755_028183.jpg




レンズ越しに観るステージは、
どれだけ視野が狭められていたのかということに気付く。
カメラを持たずに客席から観させてもらって。
今日の観劇はそういった意味でも興味深かった。
撮らなくてよいからどっぷりとストーリーに入り込めたけど、
1割ほどは、意図せずとも自分の中で振り返り。

全体像と個々の表情との両方を極力がんばったのだけど、
10名を超える出演者を同時におさえることはさすがに。。
この時こっちではこんな動きがあったのか!
って、ちょっと残念だったところや、
肉眼でもここまで暗ければ、そりゃー写んないわ、、
と納得の照明具合のところや、
よしよし、この瞬間を逃さず撮れてた!
っていうOKな確認とか。

稽古場にお邪魔したり、
通しの動画を何度も見たり、
ゲネ・本番と撮影したりで、
かなりこの舞台の世界観が自分の中に浸透していて。
千秋楽の今日、
最後のカーテンコールで、
最高の笑顔だった彼女たちの気持ちがとっても伝わってきて、
舞台の素敵さにプラスして、なんだかとっても感動した。
この舞台に携わることができたことが、
なんかとっても嬉しいなーって思って。

写真は、もちろんいつか思い出として見るのもいいけど、
まずは鮮度が大事だと私は思っているので、
打ち上げででも見て楽しんでもらえたらと、
なんとか今日に間に合わせてお渡し。
気に入ってもらえれば嬉しい。

撮影のお声掛けいただき、ありがとうございました。
みなさま、お疲れ様でした!!
バラ色の人生を!!

                                        A.K.I

[PR]
by artandact | 2010-08-09 00:26 | 舞台